東住吉区にて屋根のカバー工法の工事を行なっております

カバー工法

東住吉区にて、台風被害で屋根の棟板金が飛散したお客さまの工事が始まりました。屋根が損傷したことと、現在のスレート屋根のメンテナンス時期に来ていたため、屋根をカバー工法にてガルバニウム金属で葺く工事の依頼をいただきました。

台風被害にあった時は、棟の板金部分をブルーシートにて応急処置をしておりました。お早めに工事を行いたいところでしたが、順番をお待ちいただいていた状況でした。

いよいよ工事をさせていただくこととなりました。

カバー工法

工事前の屋根の様子です。10年以上前に屋根の塗装を行なっておりましたが、表面の塗装がところどころ剥がれています。棟の板金も飛んでいくということは、釘などが緩んでいたかと思われます。

カバー工法

今回は、カバー工法という既存のスレート屋根に金属屋根を被せて葺いていく工法で仕上げます。まずは、棟板金などの金物を撤去していきます。釘が緩んでいるところが多く手で簡単に取れる箇所もありました。屋根の点検をよくさせていただきますが、緩んでいるお家は多いです。

このような板金が風で飛散すると、ゾッとしますね。屋根は定期的に点検をしないといけません。台風などの強風の日は、できるかぎり家でじっとしていることが懸命と言えます。

ガルテクト

全ての板金を撤去したあとは防水シート貼りです。本日の作業は防水シート貼りまでです。写真は今回使用する、アイジー工業のスーパーガルテクトの茶色です。メーカー保証が穴あき25年、赤錆20年付いてますので、この屋根を葺くとしばらくは安心です。

本日の現場ブログでした。

屋根工事もやっておりますので、屋根や外壁の点検はお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912