松原市で台風の影響で棟板金が吹き飛んだスレート屋根の補修

屋根補修

今日は松原市で、大屋根の棟板金とスレート瓦数枚が、昨年の台風21号の影響で吹き飛んだお宅の補修工事の現場にやってきました。

台風21号の後から、屋根の板金やスレート瓦が吹き飛んだというお問い合わせをたくさんいただき、補修工事もかなりの数を施工してきましたが、こちらのように最近になってようやく補修工事を行えるようになったお宅もまだまだあります。

 

約4mにわたり棟板金が吹き飛び、スレート瓦も1枚無くなっています。

但し、下地のルーフィングシートは幸いにも無傷だったので、雨漏りはしていない状態でした。

 

 

屋根補修

スレート瓦を挿し直し、棟板金を固定するための下地の木材を固定していきます。

 

屋根補修

そして棟板金を新設して完了です!

 

屋根補修

棟以外の箇所にスレート瓦が吹き飛んだ箇所もありました。

 

屋根補修

こちらもルーフィングシートは無事でした。

接着用にコーキングをたっぷりと塗り・・

 

屋根補修

新たにスレート瓦を挿入して完了です!

 

この後、全体的に屋根塗装を行う予定です。

塗料は暑さを軽減してくれる遮熱塗料のアレスクールを選択されました。

これでこちらのお宅は一安心ですね。が

ただ、街中を走ってみるといまだに屋根にブルーシートで応急処置したままの屋根や外壁を見かけます。前回の台風の爪痕がまだ残っています。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912