松原市にて漆喰工事と外壁塗装の現場作業を行なっております

松原市にて、現在、外壁塗装と漆喰工事をさせていただいております。台風の強風で瓦の一部や、漆喰が被害を受けましたので、足場を組んで外壁塗装と屋根補修工事を行なっております。

工事も1週間が経過し、外壁塗装もほぼ終わってきております。本日は塗装工事の一部と、屋根の漆喰工事を約5人で作業をしております。

漆喰撤去

大屋根の面土漆喰です。古い劣化した漆喰を撤去して、清掃しました。土が見えている部分です。こちらに漆喰を詰めていきます。

漆喰コテ塗り

職人さんが漆喰を詰めている様子です。厚みをつける為に2回塗りを行いますが、1回目の漆喰塗りつけです。専用のコテで塗りつけていきます。漆喰の表面は1-2時間で乾燥します。

漆喰詰め増し工事

こちらが1回目の塗りつけです。一旦、塗りつけていきます。

漆喰工事

ある程度、感想させた後は、仕上げのコテでならしていきます。これで完成となります。

雨戸レール

木製雨戸のレールが壊れていて、雨戸がレールに引っかかってかなり動かしづらい状況でした。お客さまがなんとか直してほしいとのことで、部材を探しております。建具屋さんに聞いても扱ってないようです。

雨戸レールの設置

破損している雨戸レールです。使えそうな近い部材を探すため、寸法をとっております。写真でレールがわかりにくいですが、劣化しております。

雨戸の滑車

雨戸の滑車の寸法をとり、使えそうなレールを探しに行ってきます。

このような建具関係は専門ではありませんが、どうしてもとお客様がおっしゃるので、満足していただける仕事をさせていただきます。

外壁塗装の様子は後日、また報告をさせていただきたいと思います。

あらゆる塗装工事のことなら、お気軽に南大阪ペイントセンターまでご連絡ください!

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912