藤井寺市にてALCの目地のコーキング打ち替えと外壁補修の現場

今日は藤井寺市にて、外壁がALCボード貼りの3階建てのマンションの、目地コーキング打ち替えと外壁補修工事中の現場にきました。

 

ALC目地

目地のコーキングは前回の塗装工事の際に増し打ちされていましたので、今回はそのコーキングを撤去してから新たに打ち直しします。

 

写真のように一度増し打ちを行うと、目地の溝がほとんど無くなりますので、十分な量のコーキング剤を充填出来なくなる為、古いコーキングの撤去が必要になるのです。

 

この状態で撤去せずに上から増し打ちを行っても、コーキングの量が不十分になり、あまり意味のないものになってしまいます。

 

ただし、コーキングの増し打ちを一度も行っておらず、十分な溝があるのであれば増し打ち工事で大丈夫な場合がほとんどです。大手メーカーや公共工事でも同様の工法で行われています。

 

 

ALC目地 撤去

カッターで切り込みを入れて古いコーキングを撤去していきます。

 

ALC目地 プライマー

 

そしてコーキングがよく密着するようにプライマーを塗り

 

ALC目地 シール充填

 

新たにコーキングを充填していきます。

 

ALC目地 完了

 

通気口廻りもコーキングを充填して完了です。

 

 

 

ALC補修 施工前

外壁部分がボロっと崩れ落ちている箇所もありましたので

 

ALC補修 モルタル

 

こちらはモルタルを充填し、平らにならしていきます。

 

ALC補修 完了

 

そしてこの後3回塗りで仕上げていきます。

 

 

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912