富田林に外壁がボロボロの和風建築の外壁塗装中の現場にきました

富田林に、前回は補修中の様子をご紹介させていただきました、外壁がボロボロの和風建築の外壁塗装中の現場にきました。

 

カチオンフィラー

いよいよ塗り工程に入ってきましたが、今回は下地がかなり脆弱だったので、浮き箇所の補修以外に全体的にローラーでモルタルを塗りつける工程も行いました。

 

カチオンフィラーと呼ばれる塗料で、塗料というよりはモルタルに近いもので、今回の外壁の様に下地が弱っている箇所に塗ることで、下地の強化が出来る塗料です。

 

シーラー

カチオンフィラーが乾燥すると写真右側の様に、モルタルを塗った後のような仕上がりになります。

 

このままでは通常の3工程を塗っても密着性に問題がありますので、シーラーという浸み込んで下地を固める塗料を塗っていきます。接着剤のような役割の塗料です

 

マスチック

シーラーが乾燥した後は、微弾性フィラーを塗っていきます。

マスチックローラーという特殊なローラーで塗ることでゆず肌模様が出来、塗料に厚みを付けて塗ることが出来ます。

厚塗り波型工法ともいいます。

 

 

中塗り

微弾性フィラーを塗っ後、翌日まで乾燥させてから中塗りを行いました.

 

あれだけ浮いていた外壁も元通りの状態に戻りつつあります。

 

上塗り

そして上塗りを塗って完了です。

 

中塗りの際に、やや違う色を塗ることで、写真の様に上塗りを塗った箇所と中塗りのままの箇所がハッキリわかります。

 

完了

 

幕板部分は茶色に塗って完了です。

 

見違えるようにキレイになりました!

 

補修前

元はこんな状態だったので、これで雨漏りの心配もなくなりました!

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912