河内長野市のお客様からご依頼を受け現場調査に行って来ました!

 

先日河内長野市のお客様からご依頼を受け現場調査に行って来ました。

シーリング

ご依頼内容は外壁と屋根をお考えという事でした。パナホームのお宅でした。

築15年という事で全体的に状態も良好でした。チョーキングの度合いを検査してみてもほとんど指に粉が付着しませんでした。

シーリングの部分にはパッキンが被せられていました。

この場合シーリングを打替え工事する場合はパッキンも撤去しなくてはいけません。

水切り

こちらは水切りです。水切り部分はステンレス製だった為塗装は必要ありませんでした!

雨樋

次に雨樋です。雨樋も軽く手で圧力をかけてもまだまだ新しいので当然と言えば当然ですがしっかりとした状態です!

ですが外壁を塗装する場合はこちらは当然塗装する所です。外壁のみを塗装すると雨樋が悪い意味で浮いてしまうからです。

また単に美観の為だけではなく雨樋に耐久性を付け永く使用するという目的があります。

外壁

全体的に良好な状態で雨漏り等も特にありませんが築15年なので塗装メンテナンスを行う時期には来ています。

今塗装をしていると良好な状態を維持する事が出来ます。

外壁

後外壁をじっくりと見ていただきたいのですが模様があるのがわかると思います。こういった外壁の家にお住いの方はこの柄が気に入っているという方も大勢おられます。

このい柄を残したい場合はクリヤー塗装がお勧めです。耐久性を付けたい方の場合は柄は消えてしまいますがフッ素やシリコンが良いでしょう。

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912