泉南郡の方からご依頼を受け調査すると屋根がアーバニーでした。

 

お見積もりのご依頼を受け泉南郡に現場調査に行って来ました。その現場の様子をご紹介します。

二階建ての築30年程のお宅でした。

お客様からご質問やご要望をお聞きし早速調査をはじめます!

現場

外壁はサイディングでした。

現場

屋根はスレート屋根ですが古いタイプのアーバニーでした。アーバニーは販売期間も非常に短い屋根材でした。

それは塗装に不向きで欠陥のある屋根材だからです。スレート屋根(カラーベスト)は塗装をすると必ずタスペーサーを使って縁切りを行わなければいけません。

縁切りとはタスペーサーを使ってスレートとスレートの間に差し込み隙間を作り雨水の逃げる出口を作って雨漏り等が起きないようにする事です。

現在使用されているスレート屋根はこれで何事も無く作業終了になるのですがアーバニーの場合はタスペーサーを差し込むと瓦に亀裂や割れを引き起こしてしまいます!

ひび割れはコーキング補修を行うので補修跡だらけになってしまいます。

塗装をする事で逆に屋根材を傷めつけてしまうのです!

なので屋根は塗装せずにガルテクト等のカバー工法がお勧めです。

現場

外壁の方もチョーキングで劣化具合を調べます。

耐久性が弱まってきています。

現場

ベランダです。ベランダは特に雨漏りやひび割れが無く防水もしていない状態なのでこのままで問題ありません!

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912