堺市南区 築18年のセキスイハイムの外壁屋根塗装の現場調査

堺市南区にて築18年が経過し、あちこちに劣化が目立ってきたセキスイハイムの、窯業系サイディングボードの外壁とセメント瓦屋根の塗装メンテナンスのお見積りをご依頼いただきましたので現場調査にお伺いさせていただきました。

セキスイハイム 調査

築18年が経過し、建てたハウスメーカーであるセキスイハイムで塗装工事のお見積りをされていたのですが、金額的に予算オーバーしていたとの事で南大阪ペイントセンターにお見積りのご依頼を頂きました。

2年程前から業者探しを始め、いくつかの業者のホームページを見てから数社に問い合わせをされたとの事です。

 

セキスイハイム 調査

まずは外壁から見ていきます。外壁の素材は窯業系サイディングボードです。

ツタがこびりついた跡があります。

 

 

セキスイハイム 調査

表面を手で触ると白い粉のようなものが付着します。

チョーキング化現象という塗膜が白亜化した状態で、水を弾く力が弱まり塗装をするタイミングの一つの目安となります。

 

セキスイハイム 調査

ボードのつなぎ目のコーキングの劣化は軽度です。

セキスイハイム 調査

窯業系サイディングボードにおいてコーキングの打ち替えは最も重要な工事です。

これ以上放置するとさらに隙間が広がり、やがて雨漏りにつながります。

 

セキスイハイム 調査

外壁と窓枠の間にもコーキングが打ってあります。

目地と同じ様に、こちらも打ち替えの必要があります。

 

セキスイハイム 調査

雨樋は触ってみるとまだ弾力があり、塗装をすることで美観はもちろん素材の保護にもなります。

 

セキスイハイム 調査

天井のボードもかなり劣化してきています。こちらも再塗装の必要あり

 

セキスイハイム 調査

続いて屋根を見ていきます。屋根の素材はセメント瓦です

セキスイハイム 調査

瓦が一枚ズレ落ちている箇所がありました。塗装の前にズレた瓦を復旧する必要があります。

 

セキスイハイム 調査

北面に回ってみると一面にコケがびっしっりと生えていました!

 

セキスイハイム 調査

セメント瓦の防水は表面の塗装に依存しているため、塗装が劣化する水や汚れを弾かなくなり、この様にコケやカビだらけになってしまいます。

高圧洗浄でコケを除去してから塗装します。

 

セキスイハイム 調査

全体的には激しい劣化箇所は無く、大掛かりな補修工事は不要そうです。

塗料の耐久性別に4プランのお見積りをご提案させていただき、南大阪ペイントセンターに工事をご依頼頂きました!ありがとうございます。

外壁にはラジカル塗料のアレスダイナミックトップ、屋根にはセメント瓦専用のフッ素塗料を選択されました。

責任を持って工事をさせていただきます!

 

こちらの現場の高圧洗浄のようすはこちら

こちらのお家の外壁塗装はこちら

こちらのお家の屋根塗装はこちら

こちらのお家の付帯塗装はこちら

こちらのお家のビフォーアフターはこちら

 

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912