東住吉区のお客様宅で屋根スレートに亀裂とシーリングの劣化の発見

 

東住吉区にお住いの方からお見積もりをして欲しいとご依頼を受け現場調査に行って来た内容をご紹介します。

築年数は16年程との事で塗装を行う時期に入っている状態でした。

雨漏り等は特に無しとの事で状態の良い内にメンテナンスを行なっていれば永く良好な状態でお住い出来ます。

お客様と再度打ち合わせを行い早速現場調査をはじめます。

現場調査

屋根は現在多くのお宅で見られるスレート屋根のお宅です。コケ等も生えてなく目立った反り等もありませんでした。

若干瓦に亀裂がある箇所がありましたがコーキング補修で問題なく直せます!

スレート瓦は瓦自体に防水性が無いので塗装をして防水性・耐久性を付けてあげる必要性があります。

また遮熱塗料で塗装を行うと暑さを軽減できるので現在多くの方が求められています。

現場調査

家の裏側には塀がありましたが近々取り壊しがあるとの事で、塀が無くなれば問題なく塗装作業を行う事が出来ます!

現場調査

こちらの写真はシーリング箇所です!

シーリングが劣化し硬くなり亀裂が入っている状態です。このまま放置していると亀裂箇所から雨水が侵入しサイディングボードの断面から雨水が入り湿潤と乾燥を繰り返しサイディングボードの反りやビスの浮き等を引き起こし最悪の場合は雨漏りを引き起こしてしまうのでシーリング工事は必ず必要です。

サイディングボードは一度反ってしまうとビスで補強しても元通りには直らないのでそうなる前にメンテナンスが必要です。

現場調査

雨樋も塗装の必要な箇所です!雨樋に防水性や耐久性を付ける為です!

現場調査

足場工事は問題なく行えます!

現場調査

こちらに見える雨戸も塗装を行います!

現場調査

外壁はサイディングのお宅です!

チョーキングを行うと手に白粉が付着しました。外壁の防水性・耐久性が弱まって来ているサインです!

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912