八尾市お客様宅調査でシーリング箇所にカバー施工されていました

 

八尾市にお住いのお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来た内容をご紹介させて頂きます。

屋根は折半屋根で外壁はサイディングのお宅でした。

雨漏り等は現在特に無しとの事です。お客様に気になる所等を再度確認し早速調査に入ります。

現場調査

こちらの写真は屋根です。屋根は折半屋根という金属屋根です。

錆止めと防水性・耐久性を付ける為にも塗装によるメンテナンスは必要です!

アンテナは撤去して欲しいとの御要望です。

現場調査

こちらは外壁です。サイディングです。チョーキングを行うと手に若干白粉が付着しました。

防水性・耐久性が弱まって来ているサインです!

現場調査

家の周りはお隣りとの距離も充分ある為足場は問題なく建てる事が出来ます!

現場調査

雨樋も単に美観の為だけでは無く防水性・耐久性を付ける為に塗装を行う必用性があります。

現場調査

雨戸も雨樋同様塗装の必要な所です。

 

 

サイディングの家のシーリング箇所について

シーリング箇所は劣化してくると硬く縮んで来て亀裂が入ってきます。そうするとその亀裂箇所から雨水がサイディングボードの断面から侵入してしまい晴れた日には乾燥し、湿潤と乾燥を繰り返してサイディングボードの反りやサイディングを止めているビスの浮き等を発生させてしまします。サイディングボードの反りなどは元通りにはなりません。

最悪の場合雨漏りを引き起こしてしまいます!

それほどシーリング箇所は重要な所です。

現場調査

こちらは外壁のシーリング部分です!シーリングの上からカバーで補強している為中のシーリングの状態が分かりませんが、年数的にもシーリングの劣化が起こっている可能性が高い為シーリングメンテナンスは必要です。

中のシーリングが劣化していると雨漏りを引き起こす可能性があります。

現場調査

軒部分は通気際の良いカチオン系塗料を使用して塗装を行います。

現場調査

こちらはベランダ部分です。雨漏りも特に無くベランダの上に補強がある為今回は防水などは特に行いません。

以上現場調査でした。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912