外壁塗装の価格 高い・安いを見極める方法(大阪編)

本日のテーマは、価格や料金の概算や相場を知るということです。

こちらは、大阪なのですが、全国の塗装の相場を調査すると、特に
大阪は、平均よりも安くなっている傾向があります。

理由の1つとして、塗装屋さんが多いのと地域性と言われています。
塗装に限らず、他の商品やサービスも安くなる傾向にあるようですが。

 

外壁塗装の相場ですが、戸建てでよく言われているのが、

だいたい1棟100万円くらい

といわれています。

今も昔も、塗料や技術の進化はありますが、当たっています。

弊社の年間の平均をとるとこのような数字になります。

 

とはいっても、もう少し詳しい数字がほしいと思います。

まず、外壁塗装の価格は、家の大きさ(壁の面積)で計算することが多いです。

あとは、塗料の種類です。種類は細かくいえば何千種類といわれてますが、

戸建ての塗り替えで、使用するのは、簡単にいうと2種類と考えてください。

・塗装の面積

・塗料の種類

によってはかわるのです。

 

塗装工事の価格は、お家によって様々です。

それは、そのお家の外壁材の種類、塗料の種類、お家の大きさ、下地の状態などによって条件や手間や材料費が変わるからです。ですから、一概に概算料金がおいくらですよとあらかじめお伝えするのは難しい面はあります。

このように条件がお家によって変わります。

外壁材の種類
・モルタル壁(従来工法)
・窯業系サイディング(最近主流の外壁工法)

屋根塗装の有無
屋根材の種類により、塗装が必要なケースとそうでないケースがあります。

下地の状態
ひび割れの程度、箇所の数、長さ、補修方法
現状の外壁の劣化の程度によっては、下地補強材の塗布が必要

塗装の範囲
塗装面積の大きさ
塗装箇所の種類や数

塗料の種類
ウレタン系
シリコン系
フッ素系
セラミック配合
遮熱断熱機能付

それに加えて、業者さんの仕事の考え方、仕上げレベル、利益の取り方よっては同じ塗料のランクでも価格が安かったり、反対にとても高い業者さんも存在します。

仕事・仕上げ・利益の考え方
剥離多売する業者さん
高品質で長持ちさせたい業者さん
そこそこの品質でよいと考える業者さん

ということから、同じお家で同じ条件の塗装でも業者さんによってとても差が開くこともあります。

例えば、30坪の2階建て住宅で外壁塗装をすると、3社見積りをとってみると
A社60万円、B社95万円 C社120万円
というような同じ内容だとしてもばらつきが起こるのが工事です。

よく昔から世間で言われるのが1棟がだいたい100万円くらいを見とけばよいと言われています。あながち間違ってはいません。平均するとそのような数字になるからです。ただ、それではあまり参考にならないので、もう少し詳しく分類してみます。

大きく3つのグループに分類できると思います。

価格が高めの業者さん

販売タイプ:電話勧誘・訪問販売型
価格帯:150万円~250万円以上

特徴:自社オリジナル塗料や珍しい塗料、新商品などを理由に高額に販売する傾向がある
足場代無料や見本工事消商法(モニター商法)などが多い。
また大幅な値引きをする傾向があります。

価格が標準の業者さん

品質と価格のバランス重視型 60万円~150万円

特徴:一般的な塗装専門店やリフォーム店に多い価格帯
有名メーカーの材料を使用することが多い

価格が安めの業者さん

価格訴求・激安型 60万円未満

特徴:とにかく安いので、工事内容が簡素になりやすく工事期間が短い傾向があるようです。

以上、塗装をするにあたってはいろんな業者さんが存在しますので、
いろんな業者さんにお話しを聞いて、価格と品質でバランスのとれた提案をしてもらい
納得される工事をされることをおすすめいたします。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912