塗装工事の支払いは、自己資金?リフォームローン?

塗装工事の代金は、まとまったお金が必要です。今回は工事をされる方がどんなお支払い方法をしているのかをご紹介させていただきたいと思います。

貯金

自己資金かリフォームローンか?

リフォームの資金の支払い方は人それぞれですが、自己資金を使って支払う方はリフォームローンを使うと金利を払わなければいけないので損だと言います。また、リフォームローンを利用される方は、急な出費に備えて手元資金を置いておきたいと、それぞれしっかりとしたお考えがあります。

そこで、それぞれの特徴を考えてみました。

自己資金→金利の負担なし、自己資金の範囲内でしかリフォームできない、自己資金が少なくなると急な出費に対応できない

リフォームローン→金利の負担あり、ローンを活用するので自己資金の範囲を超えたリフォームができる、急な出費に対応できる。ただし低金利時代のローンは金利が安い。

金利グラフ

どのような方がリフォームローンを使っているか?

お家のメンテナンス計画はしっかりと立てておくべきですが、計画を立てたり計画にそって進められている方は稀です。しかし、お家のメンテナンスを怠っていると劣化は進行するもなので、雨漏りなどの突然の出費に迫られるケースもあります。

そんな中、子育て中だったり高齢者の両親がおられる方が、急な出費に備えて手元資金を残しておきたいと思われる方がご利用するケースがあります。

また、ご希望のリフォームを一気にやりたい場合にローンのご活用をされる方がいらっしゃいます。外壁と屋根の工事には足場が必要です。それぞれ別の時期に行うと足場工事が2回必要になります。足場の必要な外装工事はまとめてリフォームをした方が無駄な出費を抑えることができお得なのです。

計算機

まとめ

自己資金に余裕がある方は、急な出費にも対応できる資金も確保できるため自己資金でのお支払いがお得。リフォームローンは金利の負担デメリットがあるが、メンテナンスを待ってくれないお家のために活用するのは低金利時代の賢い利用方法である。

リフォームローンもご活用いただけます

南大阪ペイントセンターでは、お客様のご要望でリフォームローンをご活用されたい場合に対応できるように、オリコ(オリエントコーポレーション)と提携しております。

リフォームローンのご相談もお気軽にご連絡ください!

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912