塗装工事をする時は一体どこを塗ってどこを塗らない方が良いの?

今回は塗装をお勧めする箇所とお勧めしない箇所についてお話をさせていただきたいと思います。

 

まずはじめに雨戸からご紹介します。雨戸に耐久性をつける事と美観の為にも雨戸は塗装を是非やっていただきたい所です。

次に門扉です。門扉自体高級な物なのと塗装をしてもすぐに色が剥げてくるのでこちらはお勧めしません。

シャッター

こちらはガレージのシャッターです。こちらは塗装対象ですが、気をつけていただきたい点がシャッターを開け閉めするとどうしてもシャッターが擦れて色が剥がれる箇所ができてしまいます。シャッターを塗装する場合あらかじめそこをよく考えて塗装されると良いでしょう。

軒

こちらの写真はベランダの軒の部分です。こちらも塗装対象になります。是非塗装してキレイな外観にして欲しい所です。

基礎

続いてこちらは基礎の部分です!こちらは吸水性があり吸った水分を揮発する所なのでお勧めしません!塗装をしても基礎が揮発しようとしているのですぐに塗装した所がひび割れしてきたり焼いたお餅のように膨らんできたりして見た目も汚くなってしまいまうからです。

雨樋

こちらは雨樋です。雨樋も耐久性・防水性をつけてあげる為塗装をお勧めします。また美観も良くなります。

室外機

室外機です。室外機は焼付塗装を施している為塗装をしてもすぐに色が剥げてくる為塗装はされない方が良いでしょう。

塗装のお勧めと、塗装をしない方が良い所を幾つかご紹介させていただきました。参考になったでしょうか。

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912