塗装って全体的にした方が良い物?塗装する箇所について教えて!

 

この前現場調査日伺ったお客様のお宅でご自分で塗装されたという方がおられました。

お客様が塗装した所がドンドン色剥げしてしまうんだけど何でかな?と聞かれ見させていただくと塗装する必要性の無い箇所でした。

そこで塗装をお勧めしない箇所についてお話をして行きたいと思います。

基礎

まずはじめにこちらの写真です。基礎部分です!そのお客様はこの部分を塗装されていました。

基礎部分は吸水性のある所で吸い込んだ水を揮発(気体化させて吐き出す)する所です。

なので塗装してしまうと基礎外壁は水分を吐き出そうとしているのに塗料がそれを妨害している状態になる為押し合いになり塗膜にヒビが入ったり、めくれ等が発生してしまいます。

塗装がドンドン剥げていき見栄えも逆に汚くなってしまいます。

なので基礎の部分は塗装はお勧めしない所です。

付帯

次に手摺りです。こちらもご自分で塗装されたお客様を見た事があります。

手摺りの素材が鉄だったりすれば錆防止や手摺りに耐久性をつけれるのでされる方が良いのですが、素材がアルミ・ステンレス製の場合塗装しても剥がれ等が起こってしまい見栄えが汚くなってしまいます。

なので手摺りの場合は素材によって判断されれば良いと思います。

フェンス

次にこちらはフェンスです。鉄製の為耐久性・防水性をつける為にも塗装されるのは良いと思います。

ただ塗るのに手間は掛かってしまう所です

サッシ回り

こちらのサッシ回りはアルミ・ステンレス製の素材の為塗装はされない方が良いでしょう!

塀

こちらは塀です。美観の為にも塗装はされて良いと思いますが、塗膜の剥がれやひび割れなどはおきやすい所でもあります。

今回はここらへんで失礼します。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912