外壁塗料では今や主流の1ランク上の塗料、ラジカル塗料について

外壁に使用する塗料の中では今や主流となりつつあり,これまでのシリコン塗料の1ランク上の耐久性があるラジカル塗料について。

ラジカルとは?

ラジカルとは塗料のほとんどに含まれている、紫外線等の影響で劣化してしまう成分のことです。

ラジカル

厳密にいうと塗料を調色するにあたり使用する酸化チタンに紫外線があたることで、塗料の樹脂や顔料にダメージを与え、劣化を促進させてしまいます。

塗料の劣化症状の一つであるチョーキング化現象を引き起こす大きな原因となっています。

この酸化チタンは塗料を作るときにどうしても必要なので、塗料のほぼすべてに含まれてしまっています。このラジカルの成分を抑え込み、劣化をさせにくくすることに成功したのがラジカル塗料です。

正確にはラジカル制御塗料といいます。

 

ラジカル塗料のメリット

・これまで主流だったシリコン塗料よりも1ランク上の耐久性

・チョーキングが起きにくい

・金額的に通常のシリコン塗料よりやや高くなる程度

メーカー発表ではフッソ塗料に近い耐久年数があると言っています。

以上のことから非常にコストパフォーマンスに優れた塗料であると言えます。

 

 

ラジカル塗料のデメリット

・比較的新しい技術の塗料なのでシリコンに比べると実績が少ない

ただし、現在では塗装会社のほとんがこのラジカル塗料を推奨しているため、実績はどんどん増えている状態です。

また、大手メーカーも今現在では一番力をいれている塗料といえます。

 

代表的なラジカル塗料

 

ラジカル

関西ペイント ダイナミックトップシリーズ

 

ラジカル

日本ペイント パーフェクトトップシリーズ

 

ラジカル

アステックペイント 超低汚染リファインシリーズ

 

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912