コーキングの打ち替え工事の工程と費用は?サイデイングボード編

コーキング(シーリング)の工事の工程は?費用ってどれぐらい?

前回にコーキング工事の役割と重要性をお話しましたが、今回はその工程と費用についてお話します。

 

サイディングボードの目地の打ち替え工程

コーキング

工事前

古いコーキングが劣化し隙間ができています。

 

コーキング

古いコーキングを撤去

目地の両側にカッターを入れて古いコーキングを全て撤去していきます。

 

コーキング

清掃・テープ貼り・プライマー塗り

目地の中のゴミ等を除いてから、コーキングがはみ出さないようにテープを貼り、プライマーという接着剤を塗ります。

 

 

コーキング

コーキング充填・ならし

そして新たにコーキング材を充填してヘラ等でおさえてならしていきます。

 

 

コーキング

完了

これで完了です。目地コーキングが見事に復活です。

古いコーキングを撤去してから打ち直しするので、撤去打ち替え工法といいます。

サイデイングの目地は撤去せずに打ち替えしても、表面に薄くしかコーキングが充填されないためすぐに劣化します。

サイディングボードの目地は必ず撤去・打ち替え工法で行います

 

サイディングボードのサッシ廻りの打ち替え工法

コーキング

次にサッシ廻りの打ち替え工程です。

サッシ廻りは目地に比べて劣化が少ない場合が多いことや、外壁と窓枠に段差があり撤去しなくても十分にコーキング材が充填できることから、一級建築士やコーキングのメーカー等も増し打ち工法を推奨しています。

また家の構造によってはサッシ廻りの目地にカッターを入れると内側の防水シートを破ってしまう場合もあるようです。

 

コーキング

工事前

 

コーキング

清掃・テープ貼り・プライマー塗布

 

コーキング

コーキング充填・ならし

 

コーキング

完了

 

サッシ廻りは増し打ちすることでコーキング材が二重になり、防水性能が高まります。

また撤去費用がかからないので、撤去打ち替え工法に比べて費用が安くなるというメリットもあります。

ただし、コーキングの劣化が激しい場合や、サッシとの段差が少ない場合は撤去打ち替え工法が必要です。

 

費用はどれぐらい?

コーキング打ち替えの費用は、使用するコーキング材や目地の深さ・幅によって多少変動しますが

一般的な素材である、NBウレタンや変成シリコンを使用した場合の相場で

・撤去打ち替え ¥750~¥1000/m

・増し打ち   ¥450~¥800/m

となります。

 

2F建て30坪の家の平均的なコーキングのm数は

・目地 150m前後

・サッシ廻り 100m前後

となります。ただし、m数はサッシの数やボードの貼り方によってかなり変動します。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912