防水の種類の一部と防水を行う必要性の有無についてご紹介します

 

防水についてお話を今回はして行きたいと思います。

FRP防水

こちらの写真はFRP防水という物になります。

特性としては強度が大きく軽量です。耐水性・耐熱性・耐久性に優れています!

ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維等の補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水の事です。

およそ10~15年程度の寿命と言われていますがトップコート(保護剤)等でメンテナンスを行えば永く使用する事が出来ます。

ウレタン防水

続いてこちらはウレタン防水になります。

ウレタン防水

ウレタン防水とは安価でどんな形状の場所でも使用できる所が優れた所ではないでしょうか?

しかし寿命が短く2~5程です。効果がある期間が非常に短いです。その為こまめに5年おきくらいのスパンでトップコートを行わなければいけません!そういった所はデメリットと言えるでしょう。

コンクリート

ベランダ等一切防水等されていないコンクリートの状態の場合は深い亀裂や雨漏り等があれば防水は必要ですがひび割れや雨漏りが無い場合は逆に防水をする必要性はありません!

ベランダ床の内部は空洞の状態で防水層があります。そして溜まった湿気を床から揮発します!

そこを防水で塞いでしまうと揮発しようと常に防水を押し上げる状態になる為床が膨らんだお餅のようになったり塗膜にすぐにひび割れが生じてしまいます。

なので特に何も防水をしていない状態で雨漏りひび割れがなければ防水は特に行わなくても何の問題もありません!

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912