今回はシーリングの工程について詳しくご紹介させていただきます

今回はサイディングやALCのお宅では塗装工事の際に必要不可欠なシーリングについてお話をして行きたいと思います。

シーリング シーラー

まずこちらの写真はドア回りです。ドアの周りやサッシ回り等にもシーリングはあります。

まず始めに既存のシーリング部分を清掃します。

サッシ回り等の場合は既存のシーリングを撤去せずにその上からシーリングを行うという増し打ち工法を施す事が出来ます!

この工法はシーリングメーカーや一級建築士が行っている技法で作業時間の短縮やコストカットにも繋がりまたしっかりとした工事を行える為大変好評です。

シーラー シーリング

次にキッチリとテープで養生を行っていきます!これも大切な工程です。そしてプライマーを塗布して行きます。

プライマーとは下地処理剤・接着剤といった役割を持っています!

プライマーを塗布し終わるといよいよシーリングを施していきます。この時に使用しているシーリングはNBウレタン(ノンブリードウレタン)という物です!

これはシーリングの上から塗装を行うのに適したシーリングです。

躯体や塗料との密着性が高く優れた効果を発揮します。

シーリング

続いて外壁のシーリングですがこちらの場合は既存の劣化したシーリングは完全に撤去致します。

こちらの場合増し打ちを行うと厚みがつけれない為すぐにボロボロと剥がれてしまう為です。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912