外壁塗装に必須の現地調査とはどういったことをするのか?

外壁の塗り替え工事をする上で、必ず必要になるのが”現地調査”です。

適切なお見積り金額をご提示させて頂く際にも、この現地調査をきっちりと行っていないと何も始めることができません。

まずはこの現地調査をしてから、正確なお見積りや工事内容のプランをご提案させて頂きます。
外壁塗装はこの現地調査から始まると言っても、過言ではありません。

本記事では、現地調査の必要性や内容について、詳しくご紹介していきます。

外壁塗装に必須の現地調査とはどういったことをするのか?

一般的な業者さんでは、塗装経験のない営業の方が現地調査に伺うことがあります。

南大阪ペイントセンターではキャリア20年の一級塗装技能士が、現地調査に伺います。
もちろん塗装経験のない営業の方でも問題は全くないと思うのですが、熟練の知識を持った一級塗装技能士の方がお客様に合わせた”より良い解決策”の引き出しをたくさん持っています。

外壁塗装には下地の状態・湿気・日当たり・素材の判断などがあり、そういった点からも塗装経験者の方が理想的です。

なぜ外壁塗装に現地調査が必要なのか?

現地調査をもとに、正確なお見積りや工事内容の複数のご提案書をご提示します。

現地調査を怠ってしまうと、正確なお見積りを出すことができず、後から不具合箇所が判明して追加料金が発生する可能性もあるのです。
実際にしっかりと点検・調査をすることで、お客様に合わせたより良いプランをご提案することにも繋がるのです。

現地調査にかかる時間は?

現地調査にかかる時間はおおよそ30分~1時間ほどです。

その間、お客様はご自宅の中でお待ち頂きます。お客様のご指定の日時に弊社スタッフのみの少数で速やかに行いますのでご安心下さい。
もちろんお留守の場合でも、敷地に入る許可さえ頂ければ、柔軟に対応させて頂きます。

逆に短時間で現地調査を終える業者さんは、きちんとお住まいの点検をされていない可能性があるので、しっかりと見極める必要があります。

現地調査の具体的な内容

現地調査では外壁屋根だけでなく、雨戸・雨樋・幕板・水切り・塀などの状態も細かく点検します。

お住まいの計測

現場調査

”実測ローラー”という道具を使用して外壁の外周を計り、実際のお住まいの㎡数を算出します。

屋根撮影
2階までの高さでしたら、デジタルカメラに伸縮性のある棒を取付けて撮影を行います。

お住まいの状態を点検

現場調査
お住まいの細かいところまで、隈なく点検します。
こちらの写真は外壁のチョーキング現象を確認して、外壁の塗り直しが必要と判断した様子です。

ドローンで点検した屋根
ドローンを使用して、屋根の点検はもちろん、お住まい全体の点検を行います。

屋根の点検調査
お住まいの状態によっては屋根に上らせて頂き、普段は確認することのできない場所をプロの目でしっかりと点検をします。

現地調査完了後はどうするのか?

現地調査を終えて、やっと正確なお見積りとどのような工事が必要かの工事内容が分かります。

『どのような工事が必要で、どこが優先で、どのように直すのか?』という点を、しっかりとご説明させて頂きます。
もちろんそういったご説明もオンラインで行うことができますので、お気軽にお申しつけ下さい。
複数のお見積もり提出

劣化状況がわかる提案書

現地調査は一切の費用がかかりません

これまでご説明した現地調査の内容ですが、実は全て無料で実施させて頂いてます。

正確なお見積りや工事内容のご提案の為には、しっかりとした現地調査がとても重要だと考えております。
お住まいのお困りごとやご不安なことがあれば、まずはお気軽に弊社の無料点検調査をご活用頂ければ幸いです。

オンラインでの無料相談もおこなっておりますので、是非ご相談をお待ちしております。

こちらの記事もご参考下さい

オンライン無料相談のご案内
めてでご不安な方へ
塗装工事の予備知識

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912