よい足場は隅々まで作業できる

足場をしっかり作ることで、よい工事ができる
足場は、種類によって作業スペースの広さ、足場の揺れ、足下の危険性などが違います。ですから、よい仕事をするためには、足場は大切な要素の1つとなります。悪い足場は作業がしにくく不安定です。不安定なため材料を置く事もできず、持ちながらの片手作業になったり危険も伴います。よい足場は、どっしりと安定して広いスペースも確保してあるので、作業のしやすさや安全性、職人さんの集中力なども変わってくるので、足場は大切な作業の1つになります。

足場の種類

丸太足場
昔、主流だったやり方です。木製の丸太を番線(針金のようなもの)で縛り付け固定するやり方。作業スペースが狭いため作業がしづらい。また濡れるとすべりやすく危険も伴う。丸太自体は、太さもバラバラで直線的でないために材料を置くスペースがほとんどありませんので、片手の作業となります。足場の固定に家と足場をつなぐ必要があります。見た目が悪い

単管足場
丸太足場の鉄製版

クサビ足場・ビケ足場(くさび緊結式足場)
現在の主流の足場。スペースも広く確保しやすく作業しやすい

 

 クサビ(ビケ)足場の様子

誰が足場を組むのか?
塗装職人さんか、足場専門職人さんのどちらかが組む事になります。塗装職人さんでも器用な方は組みますが、やはりプロが組む足場は格段に違います。作業のしやすさもそうですが、どっしり揺れないように組み上がります。それももちろん大切ですが、ここで大事なポイントは、足場が倒れないか?足場が落ちないか?につきます。足場は強風で倒れることもないとはいえません。作業面もそうですが、安全面も考慮する必要があるのです。

足場の固定で家を傷つける場合もある
丸太足場や単管足場は、足場が揺れないように家と足場を固定する必要があります。外壁に穴をあけて固定したり、庇(ひさし)に釘で固定したり、手すり、サッシ類に固定することがあります。固定することによってダメージを受けることもあります。クサビ足場でも固定する場合はありますが、基本的には傷をつけにくいです。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912