一級塗装技能士の資格ってどんなものなの?

塗装業者さんを選ぶポイントの1つに、「一級塗装技能士の資格を持っているから安心」というお声もいただくことがありますが、では一級塗装技能士の資格ってどんなものなのでしょうか?というのをご紹介させていただきたいと思います。

一級塗装技能士とは?

職業能力開発協会が実施する筆記試験と実技試験の両方を合格したらもらえる国家資格です。厚生労働省が主催する技能検定の一種です。戸建住宅などを塗装なら、一級技能士(建築塗装)という資格になります。塗装技能士には、他に木工塗装、金属塗装、噴霧塗装、鋼橋塗装があります。

塗装技能士には1-3級まであり、1級塗装技能士の受験資格は実務経験が7年以上必要になります。ちなみに、2級は2年以上、3級は6ヶ月以上となっております。2級や3級塗装技能士はあまり見かけませんので、受験もされてないかと思います。受験は年1回となっています。

一級塗装技能士に合格すると

一級塗装技能士

このような技能士の賞状を頂けます。特に有効期限などもありません。

一級塗装技能士

技能士のバッジがもらえます。いただいてから一度も使っていません。しっかり保管しております。

一級塗装技能士の難易度は?

個人的な意見ですが、7年間の実務経験をしっかりこなしておけば、実技試験はさほど難しいものではありません。学科試験に関しては、通常業務以外の知識からも出題されるので、試験用のための知識を少しつけておかなければなりません。とはいうもののさほど難しいものではありません

一級塗装技能士

一級塗装技能士の資格は、実務経験が7年以上をしっかり仕事をこなしてきたという意味では安心の材料になるかもしれません。弊社の事務所にて技能士資格を展示しております。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912