八尾市 外壁のチョーキングとひび割れが目立つお家の現場調査

現場調査

今日は八尾市にて、築25年の外壁のチョーキングとひび割れが目立つお家の現場調査にお伺いさせていただきました。

外壁にひび割れが目立ってきたので気になっておられました。

それと、前回の台風21号の影響で、屋根瓦の一部がとんで行ってしまったとの事です。

現場調査

まずは外壁の状態を見ていきます。

現状の塗料は吹付ボンタイル、いわゆるアクリル塗料です。

手で触ると粉のようなものが付着します。チョーキング化現象といい、塗膜が白亜化した状態です。

これで雨漏りになるという事はありませんが、水をはじく力が弱まっている証拠で塗り替え時期の一つの目安となります。

現場調査

側面はモルタルのままの状態でした。以前はお隣の壁があり、工事出来なかったみたいですが、今はその家は新築となりスペースができたので今回は塗装可能な状態です。

目地の部分に大きいひび割れが有ります。コーキングで埋めてから塗装する必要があります。

 

現場調査

こちらは下屋根のスレート屋根です。劣化してコケやカビが目立ちます。高圧洗浄で除去して塗装しないとすぐにめくれてきてしまいます。

現場調査

雨戸も元は茶色に塗ってあったらしいですが、色あせてしまっています。今のところサビの発生は無さそうですが、このまま放置するとサビて劣化し、ボロボロになってしまいます。

 

調査

屋根に上ってみるとこの状態でした。棟の冠瓦とのし瓦が無くなっています。瓦の復旧も必要です。

現場調査

棟のつなぎ目の漆喰がとれてしまっています。

現場調査

谷の部分の漆喰もあちこちポロポロととれています。

そのほかの瓦は割れや欠けもなく問題ありませんでした。

 

外壁のひび割れ補修と全体的な塗装、瓦の復旧・漆喰詰め替え工事をご提案させていただきました。

 

 

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談