和泉市のお客様からお見積もりをして欲しいと現場調査に行きました

 

和泉市のお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来た内容をご紹介します。

築年数もまだ新しく雨漏り等も無く、比較的状態の良い方で塗装工事を行うのには丁度良い年数です。

現場でお客様と塗装箇所や気になる事を再度確認してから現場調査に移ります!

スレート屋根

屋根はスレート瓦です。塗装メンテナンスの必要な瓦で、瓦の防水性・耐久性が弱まってきている為塗装は行う必要性があります。

コケ等の発生もなく見た目は綺麗で瓦のカケや反りなども特に無い為塗装を行っておくと永く使用する事が出来ます。

またスレート瓦を塗装する場合はタスペーサーが必ず必要になります。

スレート瓦を塗装するとスレートとスレートの間が塗料で目詰まりしてしまい屋根裏に雨水が溜まってしまい最悪の場合雨漏りを引き起こしてしまう可能性が高くなるのですが、タスペーサーをスレート瓦とスレート瓦の間に差し込む事で隙間を作り雨水が流れる様にしてくれます。

これを縁切りと呼びます!

雨樋

外壁はモルタルのリシンです。目立ったひび割れ等も無くチョーキングを行っても白粉の付着は軽度でした!

築年数的には塗装は必要な時期ですので今塗装をされておけば万全でしょう。

 現場調査

こちらは雨樋です。

こういった箇所は美観の為だけではなく雨樋自体に防水性を付ける為にも塗装を行います。

現場調査

家の周りは足場を組立てるのに充分のスペースがあります。

カーポートパネル

カーポートパネルは足場組立時に取り外しを行います。

ベランダ

こちらはベランダです。FRP防水がされていました。トップコートで現状維持を行います。

以上現場調査でした。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912