平野区にて雨漏り修理!屋上防水と外壁塗装による雨漏り対策を実施

平野区お住まいのお客様から、『雨漏りを何とかして欲しい。知人に外側の庇廻りをコーキングしてもらったが止まらない。』とのお声を頂戴して、現場調査に伺いました。

雨漏り修理前のお宅

平野区のお客様より雨漏り修理のご依頼

雨漏り箇所の点検

屋内からの雨漏り箇所
室内からの雨漏り箇所の様子です。
壁紙が雨漏りで変色してしまっているのが分かりますね。

屋外からの雨漏り箇所
屋外からの雨漏り箇所です。外壁にひび割れが見受けられ、どうやらここから雨漏りをしている様です。

屋外からの雨漏り箇所をコーキング
お客様のお知り合いの方が応急処置として、コーキングをして頂いた様子も分かりますね。

どのような雨漏り対策が必要か?

❌『雨漏りの原因と考えられるひび割れの箇所だけ修繕すれば雨漏りは止まる。』

実は「それだけ」では、またすぐに違う箇所から雨漏りをしてしまう可能性が非常に高いです。他の雨漏りの原因となる箇所が、今回の雨漏りに直接関係していないとは言い切れないので考えられる原因は全て雨漏り対策を実施します。

【雨漏り対策①】雨漏り箇所の修繕と外壁塗装

雨漏り箇所のコーキング
まずは雨漏り箇所となるひび割れをコーキングで埋めていき、雨水や湿気の侵入を防ぎます。

外壁ひび割れのコーキング
同様の外壁のひび割れ箇所にもコーキングを打ちます。

外壁ひび割れの補修
細かいひび割れの補修もしっかり行います。

外壁補修後の下塗り
外壁補修を終えると、外壁塗装に取り掛かります。外壁塗装には建物の美観を保つだけでなく、外壁自体を守る役割があります。
優れた防水性を発揮するので、今回のような外壁のひび割れなどを防ぐことができることから、築10年を目安にメンテナンスをおすすめします。
外壁塗装はいつする?適切な時期と塗り替え目安となるポイントは?

外壁の中塗り
下塗りを終えて乾燥後、中塗りを行います。塗装の色は元々の外壁の色と同じクリーム色です。

外壁の上塗り
仕上げに上塗りです。上塗りは基本的に中塗りと塗料を使用します。塗膜に十分な厚みを持たすことで、外壁自体の耐久性も高まります。
今後同じような雨漏りが起きないように、念入りに施工させて頂きました。

【雨漏り対策②】塩ビシート防水による屋上防水


屋上の防水層の剥がれには塩ビシート防水で雨漏り対策を実施します。

塩ビシート防水(密着工法)とは下地(屋上の床)に塩ビシートを直接貼り付けて行う
防水工事のことです。
耐用年数は約10~15年で、塗り替えが必要ない為メンテナンフリーで、雨漏り対策に
非常に有効な工法です。

 

塩ビシート防水の改修ドレン
屋上の排水内部が劣化しているとそこから雨漏りに繋がるので、既存のドレンに新たなドレンを被せる改修ドレンを実施。

塩ビシート防水立ち上がり処理
塩ビシート防水はシート同士を貼り合わせて行う特性上、継ぎ目が発生してしまい、そこからの雨漏りを心配されるお声も耳にします。
ですが継ぎ目は塩ビシート同士を熱で溶かして密着させた上で、シール材でコーティングする為隙間から雨漏りをするリスクを限りなくゼロに近づけます。

写真のように立ち上がりも金物を取付け、更に外壁との隙間をコーキングで埋めたので雨漏りの心配はありません。

雨漏り修理後の様子

外壁塗装後の建物
全ての施工が完了して、無事に雨漏りが止まりました。

外壁塗装後の裏側から見た建物
建物全体の塗装や防水工事を実施することで、お住まいの寿命もその分延びてくれます。雨漏りはお住まいからのSOSのサインです。
外壁自体に雨水が染み込んでしまい、そのままにしておくと外壁塗装だけでは対応できずに大がかりな修繕は必要な場合もあります。

私たちの日々の暮らしを守ってくれているお住まいを大事にできるのは私たちだけです。その為、お住まいの定期的なメンテナンスはとても重要です。

南大阪ペイントセンターでは無料点検・無料見積もりを実施しております。できればお客様の為にも雨漏りなどの何らかの症状が出てしまう前のご依頼をおすすめしますが、お困りの箇所以外でも建物全体を点検させて頂きます。お気軽にお申しつけ下さい。

無料点検・無料見積りのご案内

 

 

 

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談