河内長野市で雨漏り修理(原因は外壁の隙間)

河内長野市のお客様より、雨漏り修理のご依頼を頂きました。

お住まいの裏側が崖になっており遮るものがない為、横殴りの強い雨は常に雨漏りをしています。お客様ご自身で雨漏り箇所をテープで塞いで頂くも改善しませんでした。仕方なく応急処置として、ブルーシートをかけて雨漏り対策をしている現状です。

雨漏り修理施工前のお宅

河内長野市にて雨漏り修理を外壁塗装にて実施

雨漏り箇所の点検

外壁の雨漏り箇所。お客様が気になるところをテープで雨漏り修理しているお客様ご自身で応急処置をして頂いた、雨漏り箇所の様子です。外壁に雨漏り補修用のテープを貼られておりました。

ベランダの立ち上がりと外壁との取り合いの隙間が空いている。ベランダ内部の雨漏り箇所。
ベランダの内部の様子です。ベランダの壁に隙間が生じています。

ベランダからの雨漏り箇所

屋外からベランダを見ると、ベランダの下地部分となる箇所に雨漏りをした跡がありますね。ベランダ内側から雨漏りしていると思われます。

ガレージ天井の雨漏り跡
ガレージ天井にもうっすらとですが、雨漏りの跡が見受けられます。(写真ではわかりずらいですが)

玄関天井の雨漏り跡(ケイカルボード)

玄関の天井も、写真のようにしっかりと雨漏り跡が残っていますね。雨漏りの原因箇所は、雨漏り場所からが真上か、真上付近から雨水が侵入しているケースが多いです。

建物全体の調査

外壁にびっしり発生したコケ
日光があまり当たらない外壁には苔が発生してしまっています。苔は水分のある環境で繁殖します。その為、外壁自体に常に水分が留まっている状態であり、外壁を痛めてしまいます。

スレート屋根の苔

外壁と同様に屋根にも苔が発生しているので、こちらも塗装が必要ですね。スレート屋根の塗装は外壁塗装と同時に行われることがほとんどです。また2回目や3回目の塗り替え時には、スレート屋根自体が劣化していることも多いので、新しい屋根材で葺き替えや屋根カバー工法を行うことが多いです。

最近では、スレートの屋根リフォームと言えば、軽量な金属系の屋根材である、ガルバリウムやジンカリウムの素材でカバー工事を行うことがほとんどです。

外壁のコーキングの亀裂

外壁のコーキングがひび割れていますね。そこから雨水や湿気が侵入してしまい、雨漏りの原因ともなるのでコーキングの打ち替えが必要です。

外壁のチョーキング現象

外壁のチョーキング現象が見受けられます。チョーキング現象とは塗料の合成樹脂が分解されて、顔料だけが残り粉となり外壁表面に現れる現象です。

塗膜の防水性と耐久性が損なわれている状態の為、外壁塗装の本来の目的である、”外壁を守る”という目的が果たせていません。
外壁自体に雨水が染み込んでしまい、雨漏りの範囲を広げてしまう恐れのある為できるだけ早めの外壁塗装がオススメです。

雨漏り修理

雨漏り箇所のコーキング

お客様がテープで雨漏りを塞いで頂いてた箇所の、コーキングの打ち替えを実施しました。明らかにコーキングが劣化しており、雨漏りの原因の1つとなっていたと思われます。

ブルーシートで応急処置後の雨漏り箇所のコーキング

こちらもブルーシートで応急処置をして頂いてた雨漏り箇所です。
外壁とのわずかな隙間をコーキングで埋めています。

雨漏り箇所が特定できない場合の応急処理としては、広範囲を雨水から守れるブルーシートが効果的です。ただし、業者さんに施工をしてもらうまでの応急処置として。ブルーシートやブルーシート縛るヒモも安いものだと、太陽の紫外線ですぐに劣化してしまいますので、どのくらい長持ちするかを確認してから選んで下さい。

ベランダのウレタン防水
ベランダからの雨漏りも、ベランダ内部の壁の補修をしました。ベランダの立ち上がりと壁の間に隙間があったので、隙間を埋めた後に内壁の全塗装をしました。

また、ベランダのFRP防水層の表面が劣化していた為、FRP防水塗膜専用の上塗り塗装を施工しました。

ベランダのウレタン防水、雨漏り対策完了

ベランダ防水が完成しました。これでベランダからの雨漏り対策は万全ですね。雨漏り修理と劣化部分の塗装を行いました。

苔のあった外壁塗装後苔のあった外壁も高圧洗浄を施して、外壁塗装を行いました。
外壁塗装には防水効果もあるので、苔の発生を防ぐことができます。

屋根の高圧洗浄

雨漏り対策として屋根塗装も実施します。念入りに高圧洗浄を行い、屋根塗装の下地を整えます。

屋根塗装タスペーサーの挿入

下塗りを終えると、タスペーサーを挿入して縁切りを行います。
縁切りとは屋根材に隙間を作ることで、雨水が屋根に留まらずスムーズに流れてくれるので、屋根塗装には必須の作業です。

雨漏りを防ぐタスペーサーと縁切りについて(スレート屋根の塗装に必須)

 

屋根塗装で雨漏り対策

屋根塗装は下塗り→縁切り→中塗り→上塗りの4工程で実施します。
こちらは最終工程の上塗りを行っている様子です。

屋根塗装の完成です。

外壁のコーキング

外壁のコーキングのほとんどが劣化して隙間ができていました。細かい箇所まできっちりとコーキングの打ち替えを実施して、外壁塗装を行いました。

雨漏り修理の完了

外壁塗装施工後のお宅

せっかくの外壁塗装なのでお客様と相談の上、雨漏り対策だけでなくお住まい全体のお色を統一させて頂きました。

お住まい全体的にコーキングの劣化が見受けられて、複数の隙間がありました。
コーキングの耐用年数は5~10年と言われていますので、できれば築10年を目安に外壁メンテナンスをおすすめします。
外壁塗装はいつする?適切な時期と塗り替え目安となるポイントは?

 

南大阪ペイントセンターでは無料点検・無料見積もりを実施しております。

お住まいの状況やお悩みに合わせて、柔軟に対応させて頂きます。今回のケースのように、雨漏り箇所だけでなくお住まい全体の点検をすることで、他に修繕した方が良い箇所が判明したケースも複数ございます。
お困り箇所だけでなく、お住まい全体の点検も実施してますので、お気軽にお申しつけ下さい。
無料点検・無料見積りのご案内

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912