塗装工事する時はどんな塗り方で一体何の塗料を選んだら良いの?

今回は塗装に関するお話をしていきたいとおもいます。

塗装ローラー

手塗りで塗装する際に必要な道具の塗装ローラーです。こちらを塗料につけてお家を塗装していきます。塗装にも種類があって吹付塗装と今ご紹介している手塗りの塗装があります。どちらが良くてどちらが悪いとかはなく外壁の仕上げの仕方によって工法が変わります。

塗装は主に三回塗りいたします。下塗り・中塗り・上塗りという具合に!南大阪ペイントセンターでは中塗りと上塗りの色を変えて作業しています。中塗りと上塗りが全く同じ色だと塗り残し等を起こしてしてしまう恐れがある為そういった事を防ぐ為です!

マスチックローラー

こちらはマスチックローラーです。別名パターンとも言います。このローラーを使って下塗りをすると柄をつける事ができます。

カタログ

マスチックローラーを使用すると真ん中の白い部分の模様をつける事ができます。

塗り板

一番最初にご紹介した白いローラーを使って塗装した場合写真の様にフラット(平)な仕上がりになります。

塗り板

もう一枚フラットの仕上がりをアップします。塗料も色々と種類が多く塗装の世界は実に奥が深いです。塗料によって耐久性も違いますし性能も変わります。

遮熱性を求めている方は遮熱性のある塗料、塗膜の破壊や劣化を抑えたい方はラジカルを抑制する塗料、金額が高くても優れた良いものでキレイな状態を維持されたい方はフッ素等ご自分の求めている塗料をお選びしましょう。

色の仕上がりも艶のある仕上がりや艶のない仕上がりと塗料によって違います。

塗装工事を行う際はキッチリとアドバイザーに教わるのがいいですね。

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912