平野区にて屋上防水(塩ビシート)と外壁塗装の施工事例

塗装後

お客様からのご要望
屋上防水が劣化してきている。庇のところからの雨漏りがするので直してほしい。

担当者からコメント
陸屋根(屋上)の場合、最も重要なのが屋上防水工事。現状はウレタン防水でしたが、塗膜の劣化やふくれ・浮き等がみられました。2〜3年目にはそのような症状がおきていたみたいです。ウレタン防水の耐久性はおよそ5年~7年といわれています。防水には耐久性あるものをとのご要望で塩ビシート防水を提案させていただきました。ウレタンに比べやや高価な工法ですが耐久性はおよそ10年~15年以上となりふくれによる塗膜が薄くなるという心配もなくコストパフォーマンスの面からもこちらが優れている為です。庇の雨漏りも入念な補修によりとまりました。

建物形態 戸建住宅 築年数 30年
価格 160万円 総施工面積 342.00平米
工期 3週間 施工年月日 2016年3月
構造 鉄骨造 施工地 大阪市平野区
塗装部位 外壁・屋上防水・その他 カラー  KP310

防水工事前

平野区の塗装工事前のお家

防水工事前でも写真では綺麗に見えますが、近くで見ると艶もなく汚れている箇所も多いです。特に路地は普段見ないのですが、じっくり観察するとひび割れなどを見受けられることも多いです。

防水工事後

平野区の塗装工事後のお家

今回の防水工事では、屋上防水、外壁塗装や雨樋の塗装も行いました。外壁は塗装をする前にコーキング工事も行っております。

屋上防水や外壁塗装の工事前に点検

手で触ると粉が付く状態の外壁(白亜化現象)

外壁を手で触ると、粉の様なものが付くチョーキング現象が起こっていました。この症状がでると塗り替えのサインといわれています。防水効果が切れて、雨水などが外壁に染み込むような状態です。

トタン屋根の塗装

物置のトタン屋根の防水塗装前 物置のトタン屋根を防水塗装

物置屋根塗装前・塗装後

金属サイディングの外壁塗装

物置の金属サイディングを塗装する前

物置の金属サイディングの防水塗装が完成

物置壁塗装前・塗装後

屋上防水

屋上防水を施工する前  防水防水を行う前

屋上防水施工前

屋上防水を塩ビシートで施工しております

塩ビシートの端部

外壁の基礎部まで塩ビシートを立ち上げて、端部を金物とコーキングで処理するのが一般的です。

 塩ビシート防水施工中

床の平場面に塩ビシートを敷き詰めてます。 熱や溶剤などでシートを密着させます。今回は密着工法という施工方法です。

屋上防水や塩ビシートの詳しい詳細はこちらも参考にしてください。

屋上防水の排水口(ドレン周り)の施工

改修ドレン(排水溝)の設置工事

排水溝の施工ですが、改修ドレン(写真)といわれている筒を既存の排水口の中に入れて完成です。元の排水口の内側に筒を新設する工法です。

  改修ドレンのカバー設置

ゴミや落ち葉などが入らないように、カバーを設置して完成です。

このような屋上やベランダの防水工事は得意なので、ご質問やお問合せは南大阪ペイントセンターまでお気軽にご相談ください(*^^*)

 

company_b_pc

     

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912