八尾市のお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行きました

 

八尾市のお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来ました。

屋根はセメント瓦で外壁はALCの広く立派なお宅でした。

築年数も新しいお宅ですが塗装メンテナンスの必要な時期には来ています。

現場

屋根の状態です。セメント瓦自体耐久年数が永く、劣化も特にない為今回はセメント瓦は塗装を行わないです。

 

現場

軒部分も勿論塗装メンテナンスを行います。こういった箇所は直接紫外線や雨が当たらない所なので劣化具合は屋根と外壁に比べれば軽度ですが、やはり傷んでは来ます。

現場

こちらは雨樋です。新しいだけあってかなりシッカリしていましたが塗装によるメンテナンスは必要です。

塗装を行う事でより長持ちをさせる事が出来ます。防水性・耐久性を齎せれます。

現場

ALCのリシン仕上げです。シーリングはALCなのでメーター数はやはりかなり長いです。

シーリング部が雨漏りの一番の原因になりますのでシーリングもキッチリとメンテナンスを行います。

現場

サッシ回りにもシーリングはあるのですが、こういった箇所も雨漏りの多い箇所でシーリングのメンテナンス工事は非常に大事です。

塗装工事は早めに行っていればその分良い状態で永くお住いする事が出来ます。

塗装工事を考えられている方はお早めに

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912