河内長野市のお客様宅を現場調査しスレート屋根と塀の劣化を発見

 

河内長野市のお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来た内容をご紹介します。

ハウスメーカーのお宅で凄く広く立派で築は15年と塗装を行う時期ではあります。

お客様のご要望・ご質問を再度確認し調査の方に入って行きます。

現場調査

まずはじめに屋根です。スレート屋根です。近くで調べると若干亀裂のある箇所やコケ等が生えている箇所もありましたが今塗装メンテナンスを行なっておけばまだまだ永く持ちます。

スレート屋根はスレート自体に防水性が無い為塗装によって防水性・耐久性を付けてあげる必要があります。

亀裂のある瓦はコーキング補修を行ってから塗装をします。

屋根の一部にソーラーが取り付けられている箇所を発見しました。

現場調査

こちらは塀です。お客様のご要望で塀も塗装を行います。

現場調査

外壁目地部分です。パッキンが施されています。

柄のある外壁の塗料について

外壁はサイディングですがこちらの写真をご覧になると柄があるのがお分かりでしょうか。

こういった柄がお気に入りのお客様の場合は透明なクリヤ塗装をご提案します。クリヤとは柄がそのまま残る塗料の事です。ですがデメリットもあり傷などが外壁にある場合は傷がそのまま見えてしまいます。

そういったこだわりが無い場合は耐久性が高く永くキレイな外観を維持できる塗料がお勧めです!

現場調査

カーポートパネルは足場組立時には脱着を行いますよ。

現場調査

敷地は広いので足場は問題なく建てられます。

現場調査

外壁はサイディングです。チョーキングを行うと軽度に白粉が付着しました。防水性が弱まっているサインです。

現場調査

シャッターのBOX部分は塗装を行いますがシャッター部分は開け閉めを頻繁に行う箇所なのですぐに塗装が剥がれてしまう為です。

現場調査

ベランダ部です。敷物をしている為ベランダ床は劣化はほとんどしていない状態です。

シーリングの様子はこちら

洗浄の様子はこちら

塗装の様子はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912