松原市で築18年のサイディングのコーキング劣化の検査

窯業系サイディングの点検

松原市にお住いのお客様から、「築18年が経ちコーキングの劣化が気になる。特に日当たりのいい面は劣化が酷いような気がするので、一度点検してほしい」とご依頼をいただき、さっそく点検に伺いました。

 

点検スタート!

窯業系サイディングの点検

建物正面と向かって右面が特に日当たりが強いらしく、遠くから見てもボードの色あせがはっきりと分かるほどです。

 

窯業系サイディングの点検

目地のコーキングの状態は、写真のように成分が完全に抜け落ち弾力が無くなっている状態でした。

 

窯業系サイディングの点検

3F部分の目地はコーキングが完全に剥がれ落ち、下地の青いテープが見えています。

この状態でもすぐに雨漏りするわけではありませんが、あまり長期間放置するとボードに反りが出来始めて隙間が大きくなり、そこから水が頻繁にはいることで中の防水シートや断熱材を腐らせて、やがて雨漏りにつながってしまいます。

 

窯業系サイディングの点検

窓枠廻りのコーキングの劣化は軽度ですが、新築からかなりの年数が経っていますので、もし工事する場合はサッシのコーキングも一緒に打ち替えすることをお薦めします。

 

窯業系サイディングの点検

外壁のサイディングボードは大きな反りや割れはありません。

但し表面はチョーキングが起こっていて、やや水が浸みこみやすい状態です。

 

窯業系サイディングの点検

裏面のベランダ周辺の外壁の状態です。

こちらも正面と似たような劣化状態でした。

 

窯業系サイディングの点検

1Fの裏庭は荷物をたくさん置かれていまいした。工事の際はある程度片付けていただく必要がありそうです。

 

窯業系サイディングの点検

雨樋はまだ弾力があり、交換は必要ありません。塗装しておけばまた長持ちします。

 

窯業系サイディングの点検

雨戸も劣化は軽度です。サビの発生していない今のうちに塗装しておけばキレイな仕上がりになります。

 

窯業系サイディングの点検

スレート屋根の状態は下からの目視点検しか出来ませんでしたが、浮きや反りは無く塗装工事で十分長持ちできそうです。

 

窯業系サイディングの点検

お隣様との間はかなり狭いですが、なんとかギリギリ足場を組んで工事できそうです。目安としては幅60センチぐらいあれば足場は建てれます。

 

窯業系サイディングの点検

当初はコーキングの打ち替えと屋根塗装のみをお考えでしたのでその内容でのお見積りと、折角足場をたてるなら外壁塗装もしておいた方が良いですとご提案させていただき、外壁塗装も含めたお見積りの2種類でご提案させていただきました。

現状では雨漏りも無いので慌てて決断する必要は無いですよとお伝えしてこの日は失礼しました。

後日、「ご提案してもらったように外壁も塗装しておこうと思いますのでよろしくお願いいたします」とご依頼をいただきました!

お家が長持ちするよう責任を持って工事させていただきます!

 

こちらのお家の施工事例を見る

工事後のお声はこちら

 

 

 

 

 

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912