城東区 借家のオーナーさんから雨漏りを止めて欲しいとのご依頼

城東区にて、「昔は自宅として使用していたパナホームの家を借家として貸していて、その住人さんから最近雨漏りがするので直してほしいと言われている。パナホームにも見積り依頼したが高額で予算オーバーなのでインターネットで南大阪ペイントセンターのホームページを見て、一度点検と見積りをお願いしたい」とお問い合わせいただきました。

後日、住人様と日時調整をして点検にお伺いしました。

 

雨漏りしている借家

大雨が降ると雨漏りがする

雨漏りしている窓枠

まずは雨漏りしているという、窓を見せていただきました。

「2年程前から大雨や強い吹降りの際に、窓枠の隙間からポタポタと水が落ちてくる。普通の雨では漏らないけど」という状態のようで、強い雨の度にタオルとバケツを用意しているらしく、住人様も非常にお困りの様子でした。

雨漏りしている窓枠のコーキング

窓の外側を見てみると、窓枠と外壁のALCボードの隙間のコーキングがかなり劣化しており、ひび割れていました。

これでは大雨や吹降りの時に中に水が入り込んでしまいます。

 

劣化した目地コーキング

窓のすぐ上のALC目地のコーキングもかなり劣化していて、目地の半分ほどに隙間が出来ていました。

築20年でまだ一度もメンテナンスをしたことが無いようで、コーキングの寿命はとっくに超えており、このような状態となってしまっていました。

雨漏りの原因はほぼ間違いなくコーキングの劣化によるものと考えてよさそうです。

逆にいえばコーキングさえきっちりと打ち替えすれば雨漏りは止まるといえます。

雨漏り箇所の上の通気口

コーキング以外に怪しい箇所がひとつ。

雨漏りしている窓の上に通気口があります。もちろん雨漏りしない様に取り付けられていますが、以前にこの通気口から雨漏りしていたお家がありましたので、念のためにここにも雨が入らないような加工をする必要があります。

 

外壁や屋根は大きな劣化は無し

 

パナホームの外壁の状態

外壁の塗装面にかんしては、パナホーム特有の吹付多彩模様で築20年でもまだツヤが残っている状態で、すぐに塗装が必要な状態ではありません。

し、コーキングを打ち替えしたあとに上から塗装することで、コーキングが守られ長持ちするという非常に大きなメリットがあり、尚且つコーキングの打ち替えをするのに足場を立てますので、その際についでに外壁も塗装しておいた方がコストの削減にもなりますので、外壁塗装とセットで工事することをオススメします。

 

ガレージの天井の状態

ガレージの天井の状態

一見キレイに見えますが、外壁がキレイになると汚れが目立ってしまいますのでここも塗装します。

 

折半屋根の状態

屋根は折半屋根という金属屋根でした。

こちらは表面の塗装がかなり劣化していますので塗り替えが必要です。金属屋根には遮熱塗料が効果的です。

 

右側は可能な範囲で塗装

雨漏りしている借家

向かって右側の面は、隣の建物と隣接していて足場が建てれない状態なので、隣の屋根の上に足場を載せさせていただき、施工出来る範囲で工事します。

もちろんお隣様の許可が必要で、事前にご説明とご挨拶をします。

 

雨漏り対策として、コーキングの全面打ち替えと、念のために通気口の周りに大きなフードを被せる工事、そして外壁・屋根にはいつも通り塗料の機能や耐久性別に4プランご提案させていただきました。

そしてじっくりとご検討の上で外壁ラジカル塗料、屋根には遮熱シリコン塗料を選択され、工事のご依頼をいただきました!

雨漏りが完全に止まるまでお付き合いさせていただきます!

 

このお家の施工事例を見る

このお家の工事後のお声はこちら

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912