【外壁塗装の色選び】単色かツートンかどっちがいいのか?

外壁塗装をされる際に、色選びで迷われることと思います。単色がいいのか?ツートンにしたらいいのか?個性的な色、無難な色など、塗装工事は早くとも10年ごとに一回くらいのものなので、後悔ない色を選びたいですよね。

今回は、単色とツートンの事例で、みなさんどんな色にしてるのかを参考にしてください。

ツートンカラー(二色分け)

住宅

窯業系サイディングの場合、外壁塗装の中央の帯がある場合も多く、上下で色分けをする場合が多いです。基本の配色は下の外壁に濃い目を使い、上の壁に淡い色を使います。

カラシミュ

外壁屋根塗装

外壁を縦に分けるパターンや、ベランダの外壁に濃い目の色を持ってくるケースもあります。

塗り替え(外壁・屋根)モニエル瓦

ベランダ面に濃いめを使われているお家です。面積が小さい場合の色分けは、かなりの濃いめを持って来ないと色差が目立たないので、わりと濃い目がおすすめです。

 

塗装完成

玄関側の一面と他の3面で色を分ける場合もあります。

屋根の遮熱塗装 シリコン・外壁塗装 シリコン

このように、壁面で分けられたケースもございます。

外壁塗装・屋根塗装(スレート瓦)

同じく、小さい面積の壁の一部で色分けしました。

外壁塗装・断熱屋根塗装

ベランダ面とその他の分けです。

単色

住宅塗装

中央の帯がありますが、あえて上下の色を同じにする単色のパターンもあります。外観は外壁と屋根が大きな面積をしめますので、屋根が道路からよく目立つ場合は、あえて上下の色を単色する場合もあります。屋根の見え方も考えるといいと思います。

塗装後

和風のお家は単色にされる場合が多いです。

外壁塗装・屋根塗装

お家のデザインによって単色が似合う場合とツートンが似合う場合があると思います。

壁屋根塗装・ベランダ防水

単色で大好きなカラーやお気に入りの色をドーン使いこともあります。

外壁塗装・屋根塗装・ウッドデッキ塗装

まとめ

弊社の事例の一部をご覧いただきましたが、ベースカラーを単色か二色分け(ツートーン)で色分けして、いろんな分け方があるということでした。またお家の形状やお好みによって、色分けや色を選択しておられます。

色選びのご相談も承っております。ただあくまで好みもありますので、最終的に選ばれるのはお客様です。疑問、ご質問は南大阪ペイントセンターまでお気軽に!

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912