雨樋の役割と塗装のメンテナンスをする必要性があるかを教えて?

雨樋についてご紹介させていただきたいと思います。

雨樋の歴史は非常に実は古く現在のように屋根の雨水を排水する物は奈良時代にまで遡ります!

日本で現存する最古の物は奈良時代に建てられた東大寺三月堂の木製の雨樋だと言われています。

 

外壁

雨樋は屋根からつたった雨を横樋で受け集水器から縦樋を通して排水します!

集水器

こちらの写真が集水器のアップの写真です!横樋と縦樋の接している四角い物が集水器です!

雨樋

雨樋を通して排水溝に雨水を流しますが雨樋が無ければどんな事が起こるかというと、屋根から流れる雨が跳ね返り外壁を汚してしまったり溝や水溜まりを作ってしまったりします。

水溜まり等が溜まるとジメジメと湿った状態になり外壁にコケが生えたり湿気を好むシロアリを発生させてしまう危険が高まります。

また基礎にひび割れ等があった場合雨水がそこから侵入してしまう危険性があります。

塗装

次に塗装の必要性についてですが、外壁塗装をする際は皆さん雨樋も塗装をされるケースがほとんどですが稀に「雨樋は特にいらないよ」とおっしゃられる方もおられますが、そういう方も外壁がキレイになると雨樋が悪い意味で浮くのでやっぱり雨樋も塗装して下さいと言われます。

雨戸塗装

美観の為だけではなく雨樋自体に防水性・耐久性を持たせる為にも塗装によるメンテナンスは必要です!

雨樋は手で軽く圧力をかけてパキッと割れる位劣化してなければ取り換えなどの必要性はありません。

塗装によるメンテナンスで充分です。

外壁塗装される際は是非雨樋も塗装される事をお勧めします。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912