塗装出来ない屋根材・瓦の種類パート① ニチハのパミール

屋根材には塗装してはいけない物もある

屋根のメンテナンスをする際に、一番手軽で費用も安くつく屋根塗装工事ですが、塗装に不向きな屋根材・瓦があるのをご存知でしょうか?

今回ご説明するのは、塗装出来ない不向きな屋根材・瓦の種類パート① ニチハのパミールです。

 

パミールとは?

 
パミール
 

パミールとは、愛知県に本社を構えるニチハ株式会社が1996年から2008年まで製造していたノンアスベスト(無石綿)のスレート屋根材です。

アスベスト製造による健康被害により、1996年以降は屋根材を販売している各社がアスベスト(石綿)を含まない屋根材を製造・販売し始め、パミールもそのうちの1種類です。

ノンアスベスト材製造の初期の段階で製造されたこのパミールには、アスベストの代わりに配合された成分が、想定を大きく下回る耐久性であったため、早期にめくれや剥がれといった問題が起きました。

今回ご紹介している写真は、全て築12年以内のものです。

パミール パミール

表面の剥がれや、浮きが主な不具合の症状です。

ニチハ側はこれらは不具合とは認めておらず、経年劣化と発表しています。
 
また、使用する専用の釘にも問題があったようです。
 
 
パミール パミール
あちらこちらにこのような浮きや剥がれがありますので、万が一知らずに高圧洗浄してしまうと表面の防水層がめくれあがってしまいます。
 
じゃあ全部めくってしまえばと思いますが、ちゃんと引っ付いている箇所もありますのでそう簡単ではありません。
 
 
そんな状態の上から塗装しても、すぐに防水層がめくれてきてきます。
 
塗装出来ないというよりは、塗装してもすぐに不具合が発生するので塗装する意味が無いといった方が正しいかもしれません。
 
 
但し、簡単には雨漏りしない構造ですので、時期を見計らってカバー工法や葺き替えをするのが正しいメンテナンス方法といえます。
 

専門家でないと見分けがつかない

 
 
パミール
このパミールは、形状が他のスレート屋根と非常によく似ているので、専門家でないと見分けが難しく、屋根や塗装の専門家以外の知識の無いリフォーム屋さんの場合、「塗装出来ますよ」と簡単に判断して塗装してしまい、すぐにめくれや剥がれが発生してトラブルとなる事も・・・
 
 
その他に松下電工(現ケイミュー)のレサスという屋根材も同様の問題が発生しているようです。

 
ご自宅の屋根が塗装可能かどうかは、
 
・図面や設計図で屋根材の種類を確認する
・家を建てた不動産や工務店に問い合わせる
 
 
 
 
 
フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912