外壁の塗り替えには職人さんへのお茶出しは必要か?

外壁の塗り替えの際に『職人さんへのお茶出しが必要か?』と疑問に抱かれるのではないでしょうか?

ひと昔前までは施主様が職人さんに、お茶出しをされるのは当たり前のことでした。
ですが今は昔と生活スタイルが変化し考え方の相違から、そこまでお茶出しの必要性について重要視をされなくなってきました。

冷たいお茶

外壁の塗り替えには職人さんへのお茶出しは必要か?

職人さんもお茶出しをして頂けると、これからの作業の励みにもなりますし円滑なコミュニケーションにも繋がりますよね。
お茶出しは決して義務ではありませんし、礼儀や感謝を重んじる日本人の習慣が昔からお茶出しが一般的になってきた理由の1つですね。

職人さんへのお茶出しがなくても問題ありません

結論から申し上げますと職人さんへのお茶出しをして頂かなくても大丈夫です。
理由と致しましてはお茶を出していただいても、外壁の塗り替え作業のタイミングによってはすぐに頂けない場合があります。せっかくのお心遣いのお茶がぬるくなってしまったり冷めてしまっては、非常に申し訳ないのです。
お茶は職人さんのタイミングで用意して、休憩を致しますのでご心配には及びません。

もしお茶出しをして頂けるのなら、おすすめの品は?

前途でもお話した通り、外壁の塗り替え作業のタイミングによっては”きっちり〇時に休憩”とはいかない場合が多いです。
その為どのタイミングでも頂けて残してしまっても持ち帰れるような、ペットボトルや缶などを頂けると大変ありがたいです。お茶以外にもコーヒーや暑い時期はスポーツ飲料なども喜ばれると思います。
お菓子なども食べきれなくても問題がないような、個包装されたポケットに入る程度の大きさのものがおすすめです。

いつお茶出しをするのがベストか?

クーラーボックス
”3時のおやつ”という言葉があるように、午後3時前がおすすめです。

午前にも休憩がありますが、ほとんどの職人さんは朝から飲み物を持参しています。昼休憩の際も飲み物があることを想定して、できれば午後3時前が一番喜ばれると思います。

更に夏場などの暑いときには、冷たい飲み物が職人さんにとっては大変貴重です。なぜなら買ってこない限り、冷たい飲み物を確保できる手段がないからです。
そこでおすすめのお茶出し方法がクーラーボックスに入れて置いて頂けると、いつでも職人さんが好きなタイミングで冷えた飲み物を確保することができるという点では最高のお茶出し方法と言っても良いのではないでしょうか。

職人さんへのお茶出しの考え方

まず断言するのが、お茶出しをされないからといって施主様が不利益になるような事は決してありません。

外壁塗り替えの際の職人さんへのお茶出しは、単に職人さんへの労いだけが目的ではありません。お茶出しをする際に、少なからず職人さんとコミュニケーションを取りますよね。実はこのコミュニケーションが非常に重要です。
施主様と職人さんが良好な関係を築くことにより、外壁塗り替え工事の共通の目標を再認識をすることができ、職人さんのモチベーションUPにもなります。何より円滑な関係を築くことにより、トラブルを回避してスムーズに外壁の塗り替え工事を行うことにも繋がります。

お茶出しをされるされないに関わらず、施主様と職人さんがお互い気持ちよく”外壁塗り替え工事の完成”というを大きな目標を目指すことが何より大切なのではないでしょうか。

こちらの記事もご参考ください

はじめてでご不安な方へ
塗装工事の予備知識

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912