認定資格や国家資格がたくさんあるからといって、信頼できる業者という訳ではありませんが、塗装業者として恥じない最低限の資格は取得しています。

特に塗装技能士の資格は、第三者から基本的な技術を認められたということで若い職人や新しく入ってきた職人には試験を受けさせる取り組みをしております。

 

塗料はたくさん種類がありますので塗料選びも大切です。塗るだけで部屋の温度が下がる断熱塗料やひび割れに強い伸びる塗料、汚れの付きにくい塗料などいくつかの機能も持つ塗料があります。また10年持つとか15年持つ塗料という耐久性という観点からも選ぶことができます

選ばれる塗装会社として、よいアドバイザーであることは大切ですが、扱える塗料の種類が少ないと提案できる選択肢も少なくなります。そんなことがないように、南大阪ペイントセンターでは、お客様の要望とお家にあった塗料を考えながらベストな選択ができるように、たくさんの塗料を扱える努力もしております。

 

南大阪ペイントセンターは、ハウスメーカーの認定施工店です。ハウスメーカーの仕事を長年経験してきました。ハウスメーカーの施工はとても厳しい基準があります例えば、洗浄工程では圧力の強さ150kgf/cm2以上の水圧で長年こびりついたカビやコケ、汚れなど根こそぎ洗い落とさなくていけません汚れの程度によっては特殊洗浄も行います。

その他、足場設置、下地処理、塗装工程、乾燥時間、塗装方法などの詳細な基準があります南大阪ペイントセンターでは、ハウスメーカー基準を参考にお家に最適な塗装を行います。だから、ダントツの塗替え品質ですそして、ハウスメーカー系の塗替え依頼もたくさんいただいております。

 

塗装工事を行う上で大切な要素の1つが職人との意思疎通です
職人は工事の進め方をわかっていますが、お客さんはわかりません。工事前に説明は行っていますが、忘れたり理解できなかったりするもの。

そこで、この交換形式の日報が非常に効果を発揮します。本日の作業内容や明日の予定を職人が記入し、説明が必要なことなどを記入してお客さんへお渡しします。留守の場合はポストへ。

お客さんはそれを見て確認、気になることや質問、要望をお書きいただくスペースがあるので都度ご記入いただき、翌日職人へ渡すということを繰り返すことにより、満足いく塗装が実現しやすいというものです。

またいいにくい事や細かくて質問するにも躊躇するようなことでも書けるということで絶大な評価をいただいています完了報告書はもちろん全工程の完璧な状態でお渡ししています。しっかり塗装した証拠も残るので安心です。工事中は交換日記が活躍し、工事後のことは写真で確認できる完了報告書が活躍するので、満足いく塗装工事になりやすいと好評です。

 

南大阪ペイントセンターでは、次回の塗り替えもお任せいただける塗装会社でありたいと思っています。そのためには、塗装完成後からのお付き合いが大切だと考えています。

まず、万が一の不具合があるといけませんので、塗料の種類によって3-10年間の保証書を発行。もちろんこれは塗料選定や下地処理、塗り方に自信があるからこそできる保証年数です。

また、塗装工事はどんなにきっちり仕上げたとしても不具合がないといえない商品です。ですから、その際はご連絡ください。しっかり対応させていただきます。

 

 

南大阪で実績が多いのは本当でしょうか?と疑問を持たれる方もいるかもしれません。その証拠として南大阪で施工事例が多いからできること。それは施工事例を実際に見ていただくことです。

実績に嘘をいっている業者さんもいるかも知れませんし、南大阪ペイントセンターも嘘だと思われているかもしれません。ですから、弊社が本当に実績が多いかどうかお確かめください。

実際に見ていただき、お客さんの声を聞いていただくこも可能です。南大阪ペイントセンターに任せて大丈夫かなとお思いなら百聞は一見にしかず!

 

一般的な業者さんではいわゆる営業マンが診断をします。営業マンとは塗装経験がない方のことで、マニュアルに沿った説明はできますが、劣化診断は経験がないため判断できないこともあります。

では、営業マンとキャリア20年の一級塗装技能士との違いは何でしょうか?
それはよりよい解決策を持っているということです。

例えば、ひび割れのしている外壁の提案だと、営業マンはマニュアル通り、ひび割れを処理して塗装と提案すると思われます。その方法でも間違いではありません。ただ長い目でみると脆弱な外壁の場合は、ひび割れを起こす可能性があるということを考えておかなければなりません。

このケースで外壁がひび割れしやすいとわかれば、ひび割れ対策を埋めるだけでなく一旦ひび割れを大きく広げてから補修し、塗料は弾力性のあるもので下塗りを増量するなどの提案をした方が、よりよい解決策だと思います。外壁だけの対策では難しい構造上の問題の場合、根本的な解決方法や塗装以外の方法を提案した方がお客さんには優しいです。

その他、営業マンでは解決できないような下地の状態・湿気・日当たり・素材の判断などがあり、塗装経験者の方が理想的。ですから、経験を積んだ診断士が理想的だと考えます。

南大阪ペイントセンターの一級塗装技能士の提案によるメリットはこのようなものがあります。

  • 不具合が起こりにくい
  • 塗装が長持ちする
  • ムダな費用がかからない
  • マニュアルにないイレギュラーな問題に対応できる
  • イレギュラーなお客さんの要望にも対応しやすい

また塗料の提案に関しては、独自の観点をもって塗料を選んでいます。
特に発売して5年未満かつ施工実績の少ない塗料は注意をしています。まれに塗料の欠陥品があるからです。「この塗料は本当に大丈夫か?」ということを独自の調査と研究の上で使用しています。

最近の傾向として耐久性と機能を備えた高級塗料を勧める傾向がありますが、高級塗料より断然安くそこそこ長持ちするコスパの良い塗料を推奨しております。

 

外壁や屋根の色を選ぶ際に、安易にカタログの見本だけで決めてしまうと失敗することが多いです。カタログの見本は、紙の上に塗装しているので色と質感が違うことと、さらに面積が小さいので実際の仕上がりと違って見えるので、イメージ通りにはいかないのです。

そこで、南大阪ペイントセンターでは、パソコンを使って塗装後のイメージがわかるカラーシミュレーションシステムが利用できます。また、実際の塗料を塗った見本板を作成いたしますので、屋外の壁にあて、最終のイメージチェックができます。見本板を利用することにより失敗はほとんどありません。

 

近隣に応援される工事とトラブルになる工事があるのをご存知でしょうか?
施工経験が多い南大阪ペイントセンターでは、正直申し上げて、過去の失敗があります。

しかしその経験を糧に試行錯誤の結果、トラブルを防ぐというよりもむしろ応援される工事の仕方を完成させました。

そもそもトラブルのほとんどは事前の説明と許可などをいただいていないことがほとんど。お客さまとトラブルを起こさない最低限の挨拶は行いつつ、さらにお客さまからとても評判の良いいつも笑顔のスタッフ田中が近隣にご挨拶の品を持って伺います。

ご挨拶と工事スケジュールと注意事項を近隣にお伝えすることで、想定されるトラブルを未然に防ぐことができます。塗装工事が応援される理由は、笑顔の田中が訪問するからです(代表談より)※ご挨拶は田中でない場合もございます

 

昭和48年に松原市で創業をした父親の代から数えると、創業45年になります。
創業間もない頃は、貸倉庫1つからはじめた塗装店でした。もちろん地元で名前を知る人はいなかったでしょう。下請け仕事からはじめて、戸建・マンション・ビルなどを中心に塗装専門店として活動してきました。

現在は、戸建を中心とした部門と公共工事や大手ハウスメーカーなどの仕事を受け持つ部門とがあります。現在の代表である榎本が「南大阪ペイントセンター」として活動をしております。

南大阪ペイントセンターはこれまで45年間で、下請け工事を除く塗装工事は数えれるものだけで2327件以上のお客様の実績があります。南大阪で実績が多くあり歴史のある塗装専門店なのです。

 

フリーダイヤル0120-306-912