藤井寺市にて住宅塗装 外壁の左官補修の工程をご紹介します。

補修工事

藤井寺市にて外壁塗装を行ないました。外壁の一部のひび割れが起こって気になるということで工事を行います。

外壁も塗装の時期なので、ひび割れ部分を大きく削って補修をしてから塗装をさせていただくことになりました。

浮いている外壁を撤去します

壁をサンダーでカット

もともと段差のある外壁を補修をしたようなので段差がくっきり出ています。今回の左官補修でも友との段差があるため、段差を消すことは難しいことをご了承いただきました。

段差を消すには外壁1面をやり直す必要があり、そこまでは必要ないとのことです。

少し削ってみて

サンダーという工具やハンマー、バールなどを使って壁を解体していきます。少しめくってみました。空洞のようなものがあります。空洞があるとひび割れがしやすいはずです。

防水シート・ラス貼り

モルタル撤去

下地が使えるところと使えないところがあります。防水シートが必要なところには貼り付けます。グレーの部分が下地が使えるところです。それ以外は、防水シートを貼りモルタルがしっかり密着するようにラスを貼ります。

モルタル塗り・仕上げ

コテで塗りつける

下塗りのモルタルを塗りつけていきます。厚みがあるので、二回塗りとなります。

左官補修

2回目のモルタル塗りを行いました。その後、表面を仕上げていきます。既存の壁と同じ厚みに塗りつけ段差を無くしていきます。外壁に馴染んでいると思います。

左官補修

別の面の仕上げです。しっかり乾燥をさせてから塗装工程に入っていきます。

今回は外壁の左官工事の一例をご紹介いたしました。南大阪ペイントセンターではベテランの左官職人も在籍しているので、左官工事もお任せください。左官工事に関することや塗装工事のご相談はお気軽にご連絡ください!

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912