阿倍野区 コーキングの劣化が気になり知人の紹介で見積り依頼

阿倍野区にて、お隣の家が解体されたことによって、それまで状態が分からなった目地のコーキング部分の劣化が見つかり、以前南大阪ペイントセンターで塗装工事をさせていただいた知人の方からの紹介でお見積りのご依頼をいただきました。

 

阿倍野区 コーキング劣化

元々は左隣のお家が隙間なく隣接していたので、確認のしようがなかった左側の外壁部分

 

阿倍野区 コーキング劣化

お隣の家が解体され空地となったことで、初めて外壁の状態を確認したところコーキングの劣化が見つかったそうで、同じ阿倍野区の知人の方から南大阪ペイントセンターを紹介してもらい、見積りの依頼をしたという事でした。

ちなみにその知人の方も、別の知人の方の紹介によるご依頼で、非常にありがたいお話でした。

 

阿倍野区 コーキング劣化

空地側の目地のコーキング部分です。劣化し隙間があいています。

築年数は約18年で、今のところ雨漏り等は無いようです。

 

阿倍野区 コーキング劣化

窓枠廻りのコーキングにも隙間が・・・

窓枠廻りは目地に比べ、コーキングの劣化が雨漏りにつながりやすい箇所でもありますので、早急な処置が必要です。

 

阿倍野区 コーキング劣化

ボード表面の塗装の劣化は軽度でした。

 

阿倍野区 コーキング劣化

ガレージの天井部分です

こちらはケイカル板が貼ってあり、見た目にはまだ大きな劣化はありませんが、ボードのつなぎ目は割れがあります。

 

阿倍野区 コーキング劣化

向かって右側の外壁はお隣様との距離が近く、足場を立てると人が通れなくなる幅でしたので、塗装工事は断念されました。

 

阿倍野区 コーキング劣化

空地となった側からかなり古い陶器製のマンホールが出てきました。破損してしまわないよう注意して作業する必要があります。

 

阿倍野区 コーキング劣化

空地側は分譲地となり、ゆくゆくはまた家が建ちますので、その前にメンテナンス工事をとご依頼いただきました。

隙間があいて危険な状態だったサッシ廻りのコーキングは、工事着工まで応急処置でコーキングを打っておきました。

 

こちらのお家の工事の様子はこちら

工事後のお客様の声はこちら

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912