高石市、住友林業のお家の外壁コーキングの劣化と樋の破損の点検

 

コーキングの劣化が気になるとお問い合わせいただきました

高石市にお住いのお客様から、「住友林業で建てた築20年の家の、目地のコーキングの劣化が目立ってきたので、点検と見積りをお願いしたい。雨樋の角の部分が割れてそこからポタポタと水が漏れてくるので、その修理もお願いしたい」とお問い合わせいただきました。

 

築20年の住友林業のお家

都合の良い日時をお聞きしてから点検に伺いました。

 

全体的に劣化していたコーキング

外壁は窯業系サイディング、屋根はスレート瓦という組み合わせのお家です。住友林業といえばモルタルの外壁に吹付仕上げというイメージですが、窯業系サイディングもあります。

まずは外壁のコーキングの劣化のチェックです。

劣化したコーキング

お伺いしてすぐに目に入ってきたのが、正面のベランダの目地コーキングの劣化です。

前の道路からも非常に見えやすく、一目で劣化して隙間が出来ているのが分かります。お客様もここを見てそろそろメンテナンスをと考えたとの事でした。

隙間から水が染み込み乾燥とを繰り返すことで、ボードの反りが始まっていました。

 

劣化したコーキング

3Fの目地は日当たりが良い分、劣化も早く下地の青いテープが見えています。ここもボードの反りが始まっていました。

 

劣化したコーキング

窓枠廻りのコーキングはさほど劣化していませんが、築20年ということで全体的なコーキングの打ち替えが必要です。

 

破損した雨樋

割れている雨樋部分です。

確かに下から見てもはっきりと分かるほど亀裂が入り、雨が降ると大量に水が落ちてきそうです。

こういった一部分の劣化であれば、その部分だけの交換でOKなので、全体的に樋を交換する必要はありません。

 

外壁のチョーキング

外壁の窯業系サイディングボードの表面は触るとチョーキング現象が発生しています。

塗り替え時期にきていると言えます。

 

 

軒天の劣化

軒天井はケイカルボードです。つなぎ目がやや割れていますが、大きな問題は無さそうで、再塗装で十分です。

 

サビた換気口

軒天井には数十か所このような天井換気口が設置されていました。

天井内部は空洞になっていて、そこの湿気や熱を排出するのにこの換気口はあった方が良いのですが、価格重視の建売住宅では付いてない場合もあります。そこはさすが大手ハウスメーカーさんといったところです。

サビてきていたので塗装する事でサビの発生を防ぎます。

 

屋根にはお客様が気付いていなかった大きな問題が

 

台風で吹き飛んだ棟板金

3F建ての家なので、下からでは大屋根の状態が分かりませんので、カメラ棒で大屋根の様子を撮影していると大問題が!

なんと棟板金が吹き飛び、中の貫板だけの状態になっていました・・・すぐに雨漏りしてくるわけではありませんが、ルーフィングシートが見えている状態なので、放置するとシートが腐食し、やがて雨漏りしてしまいます。

おそらくこの点検の日から約半年前に来た台風21号の影響かと思いますが、早めに発見できてよかったです。お客様も全く気付いていなかったようです。

 

スレート屋根の劣化

他の部分の屋根は大きな浮きや反りもなく、通常の塗装工事でOKです。

 

雨樋の現状

雨樋もまだ弾力がありますので塗装メンテナンスでOK

 

 

雨戸の劣化状況

雨戸も塗装することでサビの発生を防ぎます。

 

 

築20年の住友林業のお家

裏側も道路面で日光がよく当たる立地となっており、その分外壁やコーキングにも劣化が目立ちます。

吹き飛んだ棟板金や樋の補修、外壁はコーキング打ち替え工事を含めて塗料のランク別に4プラン、屋根にも3プランご提案させていただきました。

一般的な戸建て住宅よりはかなり大きいお家でしたので、その分費用もいつもよりは高額なお見積りとなりましたが、ハウスメーカーさんに比べるとかなり安かったらしく、最初は本当にこの金額で工事出来るの?手抜きされるんじゃないの?とご心配されていましたが、このホームページの施工事例やお客様の声をご覧になり、また何度かお打合せやお話をさせていただき、最終的には信頼をいただき工事のご依頼をいただけました。

恐らくこれが最後の塗り替えになるだろうから長持ちするものをと、外壁・屋根共一番耐久性の高いフッソ塗料を選択されました。

責任を持って工事させていただきます!!!

 

このお家の施工事例はこちら

工事後のお声はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912