堺市で雨漏り修理、排水ドレンを修理した雨漏りの応急処置

堺市にて雨漏り修理を実施した事例をご紹介します。

今回ご依頼を頂いたお客様は4年程前に当社にて、外壁塗装を施工させて頂いております。築15年の当時は雨漏りが無かった為、防水工事は施工しておりませんでした。

『最近になってから強めの雨が降ると、ベランダ下のお部屋より雨漏りが発生する』とのお声を頂き、早速点検を実施致しました。

堺市で雨漏り修理、排水ドレンを修理して雨漏りの応急処置

雨漏りの点検を実施

雨漏りによりクロスが剝がれた天井
問題の雨漏り箇所です。雨漏りによって天井クロスが剝がれてしまっていますね。雨漏りの原因特定に向かいます。

雨漏り修理の改修ドレン施工前
雨漏り箇所のすぐ上にはベランダの排水ドレンがあり、ドレンの奥を覗くと亀裂があります。
雨漏りの位置からも、これまでの経験上ドレンからの雨漏りの可能性が非常に高いです。

本来ならドレンの補修理と共にベランダ防水工事もご提案させて頂きます。しかしベランダの他の防水面はシートが貼られている劣化状況が確認できず、大がかりな防水工事は避けたいとのお客様のご意向もあり、雨漏り箇所であるドレンの修理のみで様子見をするご提案をさせて頂きました。

実際の雨漏り修理の様子をご覧下さい

ドレン修理の下地調整

改修ドレン施工前の下地の清掃
まずはドレンの修理を行う下地の清掃を実施します。清掃だけでなく、サンダーと呼ばれる研磨用の機械で下地の段差をなくし、平らに整えます。

プライマー塗布
下地調整後にプライマーを塗布して、防水層の密着を高める下準備を行います。

改修ドレンの取り付け

改修ドレンの取り付け
ドレンの修理には『改修ドレン』と呼ばれる、亀裂の入ってしまった排水ドレンに新しいドレンを被せる方法で雨漏り修理に対応します。


改修ドレンの挿入
下地と改修ドレンの隙間を埋める為に、コーキングを打ちます。せっかくの改修ドレンもベランダ下地とドレンの隙間が空いていると、そこから雨漏りが発生してしまうので、念入りに施工します。

改修ドレンの防水施工

FRPガラス繊維による防水
改修ドレンを取付けた箇所に、再びプライマーを塗布してFRPガラス繊維のマットを敷きます。

FRP溶剤塗布
FRP溶剤を塗布して、防水層を硬化させます。

改修ドレンのトップコート塗布
仕上げにトップコートを塗布して、完成です。

改修ドレンの完成

改修ドレン周辺に防水層が完成し、無事に雨漏り修理が完了しました。

雨漏り修理の完成の様子

ドレンのみの修理はベランダ下地とドレンのつなぎ目が劣化してしまい、そこから水が入り雨漏りが再発する可能性がある為、あくまでも雨漏り修理の応急処置として施工させて頂きました。

今回の応急処置で雨漏りが止まらなければ、ベランダ全体の防水工事も必要になりますので、一旦様子見の段階です。雨漏りが止まっていれば、クロスの貼り直しを実施する予定です。

現段階で築20年近く経過しているので、今後としては屋上やベランダの全体的な防水工事をオススメします。

その後の雨漏りは完全に止まったのか?

雨漏り修理から1か月ほど様子見をさせて頂いた結果、無事に雨漏りが完全に止まりましたので屋内のクロスの張替え実施します。

雨漏り修理後の屋内クロス張替えの様子

屋内クロス張替えの養生

屋内に傷や汚れが付かないように、しっかりと養生をします。

石膏ボード復旧
下地となる石膏ボードをパテで補修します。
パテが完全に乾燥したら、サンダーで凹凸がないように平らに均します。

クロス貼り
下地調整を終えたら、新たに天井クロスを貼り付けて、完成です。

無料点検・無料見積りのご案内

南大阪ペイントセンターでは無料点検・無料見積りを実施させて頂いてます。
今回のようにお客様のご希望に合わせた部分補修も可能ですし、ご要望に応じたパターンの見積もりも無料で作成できます。
まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

こちらの記事もご参考下さい

オンライン無料相談
初めてでご不安な方へ

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912