ガイナとは?塗る断熱材とも言われ遮熱断熱効果の高い塗料

塗る断熱材ガイナ

猛暑や寒波、騒音などを解消できて、快適な住まいを現実にしてくれる塗料の紹介です。

家を建て替えて断熱、保温、防音などが出来れば理想なのかもしれませんが、現実問題としてはなかなか、そう簡単にはいきません。お家の建て替えには建築金額だけではなく、建て替え中の仮住まいや引っ越し費用もかかり、膨大な金額になってしまいます。

そこで遮熱断熱塗料ガイナのご紹介です。お家の外壁に塗るだけで寒さ対策、暑さ対策、騒音対策が出来る塗装塗料です。建物の外壁に塗るだけで、暑さ寒さを跳ね返してくれるすぐれものです。

 

ガイナ遮熱

冬場に暖房を入れ、室内の温度が高くなっても壁や天井の温度が低ければ熱は逃げてしまいますが、外壁や屋根にガイナを塗ることで熱を逃がさず暖かさを保つ効果があります。(断熱効果)

ロケットの先端に使用している技術を応用

ガイナ

「ガイナ」は、日本の宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された商品です。
その技術というのは、ロケットの先端部(フェアリング)で使われている、塗布するだけで断熱することができる技術です。
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H‐Ⅱロケット開発に際して打ち上げ時の熱から機体及び人工衛星を守るために先端部(フェアリング)に塗布する断熱技術を開発しました。この断熱技術は、軽量で熱制御性に優れた施工性を有しています。
我々日進産業も、独自に断熱塗料の研究・開発を長年続けていましたが、より幅広い温度帯に対応できるようにJAXAが開発した断熱技術を応用し、塗布するだけで断熱ができる「断熱セラミック ガイナ」を開発しました。(メーカーホームページから引用)

ガイナ温度

これにより、夏の暑い時期の強い太陽光を反射し暑さを軽減できる遮熱効果もあります。

ガイナ塗布後

実際にガイナを塗装した屋根を触ってみると、ほかの大手メーカーから販売されている一般的な遮熱塗料と比べても、遮熱効果が高いように感じます。

特に工場等の屋根に塗るとかなりの遮熱効果が期待でき、夏場の冷房費の節約になるためエコに配慮した塗料とも言えます。

 

防音効果も有り

ガイナ防音

テレビ等でもよく紹介されていますが、熱を伝えにくい他に細かな振動も伝えにくいため、防音効果も期待できます。

水性塗料なので安心

通常の塗料の2~3倍の耐久性をもち、建物の膨張・収縮を最小限に抑えられるそうです。水性塗料であるガイナは有機溶剤などの危険物を使用していませんので、塗料特有のシンナー臭もありません。

ガイナ耐久

 

ガイナのメリット・デメリット

そんな、優れた塗装塗料ですが、デメリットもあります。ガイナの仕上がりは、全てツヤなしの仕上りになりますので、ツヤツヤピカピカがお好みの方にはお勧めはできません。そして、塗装色ですが塗料の性質上、濃い色が作ることが出来ません。

費用の面でも最先端の技術の塗料の為、高額になります。

その他、まだ新しい塗料のため施工実績が少なく、15-20年後の劣化状態は誰も見たことがありませんので信頼性では大手メーカーの塗料より劣ります。

また、カタログやホームページに記載されいるような遮熱断熱効果や防音効果は、立地や間取り等により期待していたほどの効果を得られない場合もありますので、注意が必要です。

 

メリット

・塗る断熱材と言われ冬場暖かく結露しにくい・夏場は涼しい(遮熱断熱効果)

・防音効果もあり

・水性塗料なので臭いが少ない

 

デメリット

・艶は出せず艶消しのみ

・濃い色が不可能

・通常の遮熱シリコン塗料に比べると費用が高額

・新しい塗料の為、信頼性はまだ不透明。

・遮熱断熱防音効果は環境による

 

以上のようなことが挙げられます。

最後にガイナは、この塗料の特性をよく理解して取り扱っている会社でなければ、ガイナの特性が発揮できませんので、工事実績のある業者さんにお任せするのが一番安心できます。

ガイナの施工事例を紹介

 

断熱塗料ガイナの施工例のスクリーンショット

ガイナの詳しい施工事例はこちら(松原市にてガイナで真夏の暑さが軽減した事例)

日進産業のガイナの事例

ガイナの詳しい施工事例はこちらから(和泉市にお住まいの工務店の社長様の事例)

 

ガイナの施工ならお任せください(無料見積・点検できます)

南大阪ペイントセンターでは、断熱塗料のガイナも責任を持って施工いたしますのでお気軽にご相談やお見積もりいただければと思います。以下も参考にしてください。

初めての外壁塗装

無料点検・お見積もりのご案内

ガイナについてのその他の記事などはこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912