スレート屋根の塗装以外の方法

今回はスレート屋根の新設工事についてお話します。

前回まではスレート屋根の塗装の仕方や重要性をお話ししましたが、築年数が30年以上で一度も塗装をしていない屋根の場合、塗装が不可となる場合があります。具体的には目に見えて欠けや割れが多数ある・全面的にコケやカビがびっしり生えている・屋根からの雨漏りがひどい場合等です。

こういった場合ひと昔前では古い屋根を撤去し屋根を新設する葺き替えが一般的でしたが、現在では古い屋根の上に防水シートを貼り、その上から金属製の軽いガルバー鋼板等を貼っていくカバー工法が主流です。

古いスレート屋根はアスベストが含まれており、撤去の際に飛散したり処分費が高額になるなどの問題がありましたが、カバー工法によりそのデメリットが解消され、工賃も安く済みます。といいましても塗装する場合よりも数倍高くなりますので、定期的に塗装しておくのが一番良いメンテナンス方法といえます。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912