羽曳野市にて屋根塗装(足場なし工事も解説)

屋根塗装(タスペーサー使用)
羽曳野市
Before
施工前
After
施工後
施工地 羽曳野市 築年数 18年
価格 35万円 工事期間 10日間
塗料名 関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント 塗料種別 シリコン
面積 100m2 カラー モルトブラウン
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

羽曳野市にて屋根塗装を実施させて頂いた事例をご紹介します。

こちらの記事をお読み頂くと…

・屋根塗装の点検調査
・屋根塗装の詳細な施工内容
・屋根塗装に足場工事が必要な理由
・屋根塗装と色選びの注意点

以上の内容を、詳しく知ることができます。

羽曳野市にて屋根塗装(足場なし工事も解説)

羽曳野市にて築18年の一戸建て住宅の屋根塗装を施工させて頂きました。

屋根塗装工事のきっかけは、築年数的に屋根が劣化しているのではないか?と思いそのまま放置するのは心配だったからとお聞きしています。調査後のご提案に南大阪ペイントセンターへご依頼いただきました。

日程調整の上、現地調査をさせて頂きました。お住まいの外壁は窯業系サイディング、屋根はスレート瓦の2階建て住宅です。

屋根塗装前の調査(点検カメラにて)

塗装前の屋根調査。スレート屋根が劣化している状態

塗装前の屋根調査。スレート屋根が劣化している状態

屋根塗装前に屋根の点検を行います。雨風や紫外線による影響でスレート瓦の表面の塗装が劣化してしまっているのが見受けられます。

特に大きな損傷は見られず、屋根材自体もしっかりしているので、通常の屋根塗装を行ってメンテナンスをしていきたいと思います。屋根が劣化している場合は、屋根葺き替えや屋根材を上から貼るカバー工法を行います。

ここでスレート屋根の劣化の確認方法をご紹介します。

屋根の劣化の確認方法

・屋根の色あせ
・屋根が黒ずんでいる
・屋根にコケが生えている
・屋根に雨筋がある
・屋根が何箇所か割れている
・屋根が浮いているように見える

新品のスレート屋根は塗装も均一に施されていますが、年数が経過するにつれて塗装表面が紫外線などにより劣化してきます。塗膜が劣化してくると、色あせや、黒ずんだり、表面の防水効果もなくなり水分が含みやすくなるとコケなどが発生します。また、水分を含む→乾くを繰り返すことで、屋根割れを起こすこともあります。

屋根塗装の工程をご紹介します

屋根塗装工事の流れをご紹介しますと、
・足場仮設
・高圧洗浄
・養生
・下塗り
・縁切り
・中塗り
・上塗り
・棟などの板金部分の塗装
・最終点検
・足場解体
という流れで行います。

足場仮設工事

屋根塗装のための足場工事

屋根塗装のための足場工事

屋根塗装の工事はまず足場仮設工事からです。南大阪ペイントセンターではプロの足場職人による”鉄製くさび緊結式足場”を標準仕様に採用しております。

屋根塗装では足場工事は必要です。足場なしの工事はできないのか?という質問をいただきますが、安全面と工事品質のために基本的に足場工事を行います。詳しくは以下のページも参考に。

屋根塗装の足場なし工事って本当にできるの?

屋根塗装の高圧洗浄は大切

屋根と雨樋の洗浄

屋根と雨樋の洗浄

屋根塗装を行う前には必ず高圧水洗浄の工程が必要です。汚れなどが付着していると、汚れの上から塗装することになり、密着不良の原因となり塗膜が剥がれやすくなります。数年で剥がれてくる屋根塗装は高圧洗浄をしっかり行なっていないことも要因の1つです。

雨樋内の汚れもしっかりと高圧洗浄で洗い流します。雨といの掃除は高所作業で危険を伴う為、この機会に一気に掃除をしてしまいます。詰まっていることも多いので、業者さんには雨樋の清掃もついでにお願いしますと一言伝えておくと良いです。

屋根塗装の塗り工程

屋根塗装の下塗り
高圧洗浄で汚れや古くなった塗膜を取り除いたら、いよいよ屋根塗装の塗り工程に取り掛かります。
スレート屋根材の屋根塗装は下塗り→縁切り(タスペーサー挿入)→中塗り→上塗りの4工程で行います。

今回、下塗りに使用するのは関西ペイント屋根強化プライマーEPO。通常プライマーの役割は下地と中塗り上塗りの密着を高める接着剤のような役割があります。関西ペイント屋根強化プライマーEPOは下塗りとしての機能以外にも屋根材表面を強化する効果が期待できるので、屋根材の痛みが見受けられたお住まいにはぴったりの下塗り塗料です。

屋根塗装の縁切りとしてタスペーサーの挿入

屋根塗装の縁切りとしてタスペーサーの挿入

下塗りを終えると本来は中塗りを行いますが、その前にスレート屋根材の屋根塗装には欠かせない作業があります。縁切りと呼ばれる作業です。弊社ではタスペーサーという装置を屋根材の隙間に挿入して縁切りを行います。

縁切りとは?
スレート屋根材が重なりある部分には適切な隙間が必要です。その理由は隙間がないと、雨水を逃すことができずに屋根材に雨水が溜まり、結果雨漏りに繋がるからです。

縁切りをせずに塗装を行うと塗料で屋根材同士の隙間が埋まってしまい雨漏りを起こすこともあります。それを避ける為に、あらかじめ隙間を設ける為のタスペーサーを挿入して縁切りを行う必要があります。

屋根塗装に必須の縁切りとは?の記事はこちら

屋根塗装の中塗りをローラーで塗っている

屋根塗装の中塗りをローラーで塗っている

屋根の中塗りを行います。中塗り、上塗りは基本的に同じ塗料を使用しますが塗り残しを防ぐために若干色変えをして屋根塗装を行います。※塗料によっては色を変えれません。

屋根塗装の上塗り

屋根塗装の上塗り

こちらは仕上げの屋根の上塗りです。屋根塗装の仕上げに使用させて頂いた塗料は関西ペイントのスーパーシリコンルーフペイント。お色はモルトブラウンです。

今回は、屋根塗装と外壁塗装も行いました。施工前後を写真で見てもらいましょう。

屋根塗装・外壁の施工前後の比較

Before

塗装工事前のお住まい全体

塗装工事前のお住まい全体

After

塗り替え後のお住まい全体

塗り替え後のお住まい全体

屋根塗装の完成です。塗装工事前も充分素敵な外観でしたが、塗装工事を行うことでまるで新築のような外観に生まれ変わりましたね。

羽曳野市の屋根塗装前のスレート屋根

屋根塗装前のスレート屋根

屋根塗装前の汚れや劣化が見受けられていた屋根も…

羽曳野市の屋根塗装後のスレート屋根

屋根塗装後のスレート屋根

屋根塗装を行うことで、見事に生まれ変わりました。

屋根塗装は見本よりも実際の色が淡くなる

屋根塗装の見本
スーパーシリコンルーフペイントの色見本
今回屋根塗装に使用させて頂いたお色のモルトブラウンですが、実際の屋根塗装後の色味はやや淡く感じませんか?太陽光が直接当たる屋根は色見本だけを参考に選ばれると、思っていた印象と仕上がりが異なる可能性もあります。

屋根塗装に限らず外壁塗装に関しても、実際の仕上がりは見本よりも淡く見えます。そのため、求めている仕上がりに近づける為にも、色見本だけでなく大きめの色見本カラーシミュレーションを利用をオススメしております。

屋根塗装を終えての羽曳野市のYさま感想

今回ご依頼を頂きました羽曳野市Yさまは『後悔のない仕上がりの為にも、信用できる業者さんを見つけることができるか?』とご不安に思われていた様子です。

南大阪ペイントセンターにご依頼を頂けて、屋根塗装と外壁塗装工事の仕上がりも含め、営業マン関わった職人全て感じが良いと非常にご満足のお声を頂戴することができ、弊社としても大変うれしく思います。この度は南大阪ペイントセンターにご依頼を頂き、誠にありがとうございました。

羽曳野市近郊の屋根塗装の事例



屋根塗装の無料点検・無料見積りのご案内

弊社では羽曳野市や羽曳野市近郊の屋根や外壁の点検調査からお見積り金額のご提示までを全て無料で実施させて頂いてます。外壁や屋根塗装に関すること以外にも、お住まいの些細なお困りごとやご不安を取り除けるお手伝いができれば、と考えております。

どんな些細なことでも、一度弊社にご相談を頂きれば幸いです。お客様からのご相談をお待ちしております。

無料点検・無料見積りのご案内
初めての外壁塗装・屋根塗装

この現場に関するお客様の声

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912