堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事をさせていただきました

屋上防水工事
堺市
Before
施工前
After
施工後
施工地 堺市 築年数 30年
価格 20万円 工事期間 1日間
塗料名 田島ルーフィング VTコートC 塗料種別 遮熱塗料
面積 66m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 30年 工事期間 1日間
塗料名 田島ルーフィング VTコートC 塗料種別 遮熱塗料
面積 66m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

こんにちは!南大阪ペイントセンターキタヤマです

今回は堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事のご依頼をいただきました。

▼ご依頼のきっかけ
屋上床表面の劣化が目立ち、今後の雨漏りが心配だったためご依頼いただきました。
 
住まいの雨漏りは屋根からが多いと思われますが、実は意外と屋上やベランダが原因の雨漏りが多発しています。
 
今回ご依頼頂きました堺市のお宅では防水層自体はそれほど傷んでいなかったので、既存の塩ビシート防水の上から遮熱塗料を塗りメンテナンスさせていただきました。
 

今回のお客様のように前もってメンテナンスをすることで防水層の劣化を遅らせることができ、長期的にみると経費も抑えることができるので定期的なメンテナンスはとても大切です。

・屋上やベランダからの雨漏りでお困りの方
・床表面の劣化が気になる方
・遮熱塗料について気になる方 ぜひご一読ください😊

:目次

1. 堺市 旭化成ヘーベルハウスの屋上防水工事施工前の様子
1-1.屋上防水の劣化を放置している事のデメリット

2. 遮熱塗料 田島ルーフィングVTコートCを使用
2-1.遮熱塗料とは?
2-2.遮熱塗料を使うメリット

3.堺市での遮熱塗料を使用した屋上防水工事の工程
工程1.高圧洗浄
工程2.下塗り・プライマー
工程3.4 中塗り・上塗り
工程5.屋上防水完成!

4. 遮熱塗料を塗布するなら夏がおすすめ!

5. まとめ

1. 堺市 旭化成ヘーベルハウスの屋上防水工事施工前の様子

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事施工前

こちらが防水工事施工前の堺市の屋上の様子です。床表面の色褪せやカビなど劣化が目立ちますね…。

1-1. 屋上防水の劣化を放置している事のデメリット

冒頭でもお話しました通り、屋上やベランダからの雨漏りは多いです。 雨漏りで抜けてしまった屋上真下の天井

屋上のトップコートは5年に一度の塗り替えを推奨しております。しかし年数に関わらず
・色褪せ
・カビや苔などの汚れ

・チョーキング(表面を手で触ると白い粉がつく)
・表面のひび割れや剥がれ、膨れ

などの劣化は放置していると防水機能が低下していたり、剥がれなどの隙間から雨水が侵入してしまい雨漏りの原因になりますのでメンテナンスが必要なサインです。

今回の堺市のお宅では雨漏り自体は発生しておりませんでしたが、屋上のトップコートが剥がれ防水機能が無くなり役目を果たせていない状態でした。このまま放置すると将来的な雨漏りは否定できません。

2. 遮熱塗料 田島ルーフィングVTコートCを使用

2-1. 遮熱塗料とは?

遮熱塗料 防水工事

夏場に家が暑いと感じる場合、屋上や屋根に遮熱塗料を使用するのがおすすめです。遮熱塗料は通常塗料と異なり、熱を反射し暑さを軽減させる効果があります。

今回使用した遮熱塗料は田島ルーフィング製のVTコートCです。

VTコートCとはどんな塗料?

高反射機能付きアクリルウレタン系保護塗料で熱の原因となる近赤外波長領域の反射率が70%以上であるため、表面温度が上がりやすい屋上の温度を抑える事が期待されます。

2-2. 遮熱塗料を使うメリット

・夏涼しく過ごすことができる  
・熱を反射する力があるので床表面が劣化しにくくなる
・表面温度で最大15~20℃、室内温度で2~3℃下がる
・電気代が節約できる
 

3. 堺市での遮熱塗料を使用した屋上防水工事の工程

では、実際の堺市での遮熱塗料を使用した屋上防水工事の工程についてお話したいと思います。

工程1. 高圧洗浄

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事 高圧洗浄

まずは業務用高圧洗浄機を使ってカビや苔、古い劣化した塗膜など既存の汚れを落としていきます。

この汚れを落とさないまま塗布してしまうとすぐに塗膜が剥がれたり施工不良の原因になります。

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事 清掃

その後、職人の手でも細かな部分の清掃を行います。

工程2. 下塗り・プライマー

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事 下塗り・プライマー

プライマーで下塗りしていきます。

プライマーとは接着剤のような役割で、その後の上塗りをしっかりとくっつける役割を果たします。

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事 下塗り・プライマー完了

下塗りが完了した様子です。

工程3.4 中塗り・上塗り

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事 VTコートCでの中塗りと上塗り

下塗りが完了しましたら、いよいよ遮熱塗料VTコートCでの中塗りと上塗りをします。

中塗りと上塗りは基本的には同じ塗料を使用します。同じ塗料で二度塗りすることで強度が上がり屋上表面をより強く保護することができます。

工程5 屋上防水完成!

堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事完成

堺市での遮熱塗料VTコートCを使用した屋上防水工事、完成しました!

▼お客様の感想
屋上でBBQやプールをすることが多いのですが、いつも暑くてバテていたので、遮熱塗料での防水工事をしました。表面温度がかなり下がり、今年は快適に過ごすことができそうです!ありがとうございます。
 

4. 遮熱塗料を塗布するなら夏がおすすめ!

実は、遮熱塗料は硬化までに半日ほどかかります。

そのため、塗料が乾きにくい冬季や雨期の塗布はおすすめしません。塗料が乾ききっていない状態で、雨が降ってしまいますと、その後の施工不良にも繋がります。

遮熱塗料を塗布するなら夏場や雨の少ない時期をおすすめしております!

5. 堺市にて遮熱塗料での屋上防水工事:まとめ

屋上やベランダからの雨漏り事例はとても多いです。屋上の劣化は放置しているとどんどん進んでしまいます。

今回の堺市のお宅のように前もってメンテナンスをすることで経費削減をすることができますし最終的には建物を守ることにも繋がります。

屋上の劣化は放置しないで!ご相談だけでも喜んでお受けします

南大阪ペイントセンターでは屋上やベランダの防水工事も喜んでお受け致します。ご相談だけでもかまいませんお気軽にご相談くださいね😊

お問合せ:こちらからお気軽にどうぞ♪(24時間受付中)
TEL:0120-306-912(9時~20時 日曜日除く)
LINEでお気軽にお問合せ→LINE ID@098mtvpx

▼新型コロナウイルス対策も実施中
【新型コロナウイルス対策としてオンライン無料相談はじめました】

その他の屋上防水工事施工事例

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談