堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)

外壁塗装,コーキング打ち替え工事
堺市
Before
施工前
After
施工後
施工地 堺市 築年数 約25年
価格 94万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント コスモシリコン 塗料種別 シリコン
面積 142m2 カラー 1階:KP-356 2階:KP-310
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約25年 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント コスモシリコン 塗料種別 シリコン
面積 142m2 カラー 1階:KP-356 2階:KP-310
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

こんにちは!
南大阪ペイントセンターキタヤマです

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)

こちらの施工事例では堺市のお宅で使用した塗料材料、さらには気になる費用まで全て公開致します!

外壁塗装をご検討中の方や業者選びをされている方にはぴったりな記事であると思います😊ぜひご一読ください。

▼こちらの記事でわかること
・堺市の外壁塗装と
 コーキング打ち替え工事について

・使用塗料や材料について
・各工事の費用
・その他の堺市の施工事例 など

※表示費用は共通工事費・外壁塗装費・コーキング打ち替え費・付帯塗装費のみの価格です。実際には屋根塗装も実施しましたがこちらの記事では省略しています。

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)施工前

場所 堺市南区
築年数 約25年
外壁材 窯業系サイディング
面積 142㎡

こちらが今回外壁塗装を実施しました堺市南区のお宅です。

事前に外壁の状態を点検したところコーキングのひび割れや浮き・破断などの劣化や、外壁全体の防水性低下などが見受けられ、外壁塗装とコーキング打ち替え工事をご提案させて頂きました。

堺市にて家の外壁の状態を点検してほしいとご依頼を頂きました コーキングの劣化(ひび割れ)

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)コーキング劣化

▼事前点検の様子はこちら

外壁塗装の使用塗料はコスモシリコン

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)外壁塗装にはコスモシリコンを使用

今回の堺市のお宅ではコスモシリコンという塗料で外壁塗装を実施しました。

コスモシリコンの特徴

外壁塗装 シリコン塗料とその他塗料を比較

コスモシリコンはシリコン塗料の一種です。シリコン塗料は耐久性の高さと価格の安定具合からも現在広くスタンダードに使われている塗料でもあります。

また、塗膜が硬く撥水性にも優れているため雨や泥に強い塗料です。

上記図を見てもわかる通り、耐久性はアクリル・ウレタンに次ぐ3番目・価格帯は上から4番目のグレードです。

耐久性 7~12年程度
価格帯 1800~3500円
(30坪のお宅で50~80万円程度)
分類 水性1液

コスモシリコンのメリット

・アクリルやウレタン塗料に比べ1.5~2倍の耐久性だが価格はそれほど変わらない
・撥水性に優れている
・耐候性に優れているので暑い地域にも向いている
・防藻性、防カビ性に優れている
・光沢性が高い
・施工実績が多い

コスモシリコンのデメリット

・粘度が低く扱いにくい
・密着性が低い
・ひび割れが起こりやすい
・重ね塗りに不向きなので再度塗装をする際は注意が必要

コーキング打ち替えの使用材料はNBウレタン

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)コーキング打ち替えにはNBウレタンを使用

NBウレタンの特徴

NBウレタンとはノンブリードウレタンのことで、耐久性に優れ打設後の汚染が少ないコーキング材です。

しかし紫外線には弱く充填したあとそのままにしていると劣化しやすいため、コーキング材の上から塗装を行う必要があります。

堺市のお住まいビフォーアフター

まずはお住まい全体のビフォーアフターの様子をご覧ください😊

外壁のビフォーアフター

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)ビフォーアフター

外壁全体の様子をご覧ください。

もともとは一色塗りのお宅でしたが、ツートンの明るいお宅に生まれ変わりました!

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)使用色はKP-310とKP-356

使用色は1階部分がKP-356・2階部分がKP-310です。

コーキングのビフォーアフター

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)コーキングビフォーアフター

こちらはコーキングのビフォーアフターの様子です。

ばっちり新しいコーキング材(NBウレタン)を充填させて頂きました♪

付帯部のビフォーアフター

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)付帯部ビフォーアフター

サッシなどの付帯部ももちろんしっかりと塗装させて頂きました!

付帯塗装のみ弱溶剤シリコンやカチオン系塗料を使用しました。

堺市にて外壁塗装をスタート

ではここからは実際の工事の様子についてお話していきたいと思います。

工程1.コーキング打ち替え工事

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)コーキング打ち替え工事

まずはコーキング打ち替え工事を行います。

コーキング打ち替え工事とは既存のコーキング材を撤去したのち、新しいコーキング材を充填する工法です。

1.既存コーキングの撤去
2.溝に溜まった汚れを清掃しプライマー(接着剤)を塗布
3.新しいコーキング材(使用材料NBウレタン)を充填し完成

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)コーキングビフォーアフター

ひび割れや隙間・破断などをしっかりと充填しここからの雨水侵入を阻止することができました!

工程2.高圧洗浄機で外壁を洗浄

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)高圧洗浄機での洗浄

その後業務用高圧洗浄機を使い外壁全体の汚れや古い塗膜を落としていきます。

これらの汚れを一掃することで塗膜の密着度が高まりその後の耐久性にも影響します。ただ汚れを落としているだけだと思われがちな洗浄作業ですが実はとっても大切な作業なんですよ♪

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)高圧洗浄機での洗浄

今回塗装を行わない玄関ドアやタイルの汚れもついでに洗浄させて頂きました😊

工程3.コスモシリコンでの外壁塗装

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)コスモシリコンでの外壁塗装

その後外壁塗装を行っていきます。

基本的に外壁塗装は下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りを行います。今回使用した塗料は下塗りでアレスダイナミックプラサフ・中塗りと上塗りでコスモシリコンです。

コスモシリコンの特徴は冒頭でもお話させて頂きましたので割愛させて頂きますが、アレスダイナミックプラサフの特徴は優れた密着力であると言えます。

中塗りと上塗りでは同じコスモシリコンを使用していますが、お写真を見てもわかるよう色のみ少し変えて塗布しております。

これは職人の塗りムラや塗り残しを防ぐためですのでご了承ください。上塗りの色が今回お客様がお選びになられたKP-356(1階)KP-310(2階)です。

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)使用色はKP-310とKP-356

付帯塗装も同時にした方がお得です!

堺市にて外壁塗装に使用した塗料や材料公開します(総額約94万円)付帯塗装

外壁塗装と同時に付帯塗装もばっちり行いました!

外壁のみ新築時のように美しく生まれ変わりますと付帯部の劣化が悪目立ちしてしまう恐れがあります。

また、付帯部の塗装にも足場の仮設や人件費などがかかってくるため、付帯部のみの塗装を行うよりも外壁塗装や屋根塗装と同時に行う方が断然お得なんです!そのためほとんどのお客様が外壁塗装と同時に付帯塗装もされています😊

堺市での外壁塗装にかかった費用は約94万円

今回実施しました工事は以下の通りです。
・外壁塗装
・コーキング打ち替え
・付帯塗装
※実際には屋根塗装も行いましたがこちらの記事では割愛しております。

共通工事費
(足場・洗浄・養生シート)
約30万円
コーキング打ち替え費 約22万円
外壁塗装費
(関西ペイントコスモシリコン)
約28万円
付帯塗装費 約14万円
合計 約94万円

共通工事費とは、足場費・高圧洗浄機費・養生シート費のことです。外壁塗装やコーキング打ち替えを行う際には必ず必要な費用です。

その他にも使用する塗料や材料によっても費用が変わってきますのでご注意ください。

堺市のその他の施工事例

その他にも堺市での施工事例の掲載がございます。各記事内に使用塗料や材料、さらには費用などの記載もございますのでご参考にご覧ください😊

最後までお読みいただきありがとうございました。

この現場に関するブログ

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談