羽曳野市のお客様から調査依頼を受け現場調査に行って来ました。

 

羽曳野市にお住いのお客様からお見積もりをして欲しいとご依頼を受け現場調査に行って来た内容をご紹介します。

現場に到着すると早速施主様に気になる事やご要望を再度確認します!

今回が塗装工事されるのがはじめてで雨漏り等は特に無しとの事です。

塗装時期としては若干遅いくらいで今塗装メンテナンスをしていれば永くお住い出来る状態です。

屋根はスレート屋根で外壁はモルタルのお宅です。

 

スレート屋根

スレートの状態は目立った反りや汚れ等はありませんでしたが築年数的に防水性・耐久性は失われています。

その為塗装によるメンテナンスは必須です。また屋根の勾配がキツイ為屋根足場が必要になります。

スレート屋根のお宅は現在非常に多く、スレート屋根を塗装する場合はタスペーサーという物が必ず必要になります。

塗装を行うとスレート瓦とスレート瓦の間が塗膜で塞がれて雨水の流れる出口が塞がってしまい屋根裏に水が溜まり最悪の場合雨漏りを引き起こしてしまう恐れがあります。

そこで先程ご紹介したタスペーサーをスレートとスレートの間に差し込む事で隙間を作ってあげ通常通りに雨水が流れる様にする事が出来ます。これを縁切りと呼びます。

軒

続いて外壁です。一階部分のタイル箇所は塗装を行いませんが(塗装をしても剥がれが起きやすい為・タイル自体が高級な物の為)天井の軒天部分は塗装を行います。

現場調査

タイル以外のモルタル外壁の部分はキッチリと塗装を行います!

 現場調査

外壁も防水性・耐久性が弱まって来ている為塗装メンテナンスは必須です!

現場調査

幕板や小庇の部分も塗装を行います!

雨戸

こちらは雨戸です。雨戸も美観の為だけではなく塗装を行う事で錆止め効果と防水性を付ける事が出来ます!

雨樋

お隣り同士が近く若干足場を組みにくく作業もし辛い箇所もありますが許容範囲の為塗装工事は問題なく行えます。

以上現場調査でした。

洗浄・養生・下塗り塗装の様子はこちら

中塗り・上塗り塗装の様子はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912