和泉市のお客様宅のシーリング外壁部分・サッシ回りの工事の様子

 

現場調査の様子はこちら

和泉市のお客様宅のシーリング工事の工程をご紹介します。

まず外壁のシーリング部分です、経年劣化でシーリングが硬くなってきています。

シーリング箇所はとても大事な箇所でほったらかしにしていると硬く劣化したシーリングの亀裂から雨水が侵入し最悪の場合は雨漏りを引き起こしてしまいます!

その為キッチリとメンテナンスを行なわなければ行けません!

外壁部分はキッチリと撤去して行きます!

シーリング

撤去し終わると刷毛で掃除を行って行きます!

シーリング

そしてテープで養生を行いプライマーを塗布して行きます!プライマーを塗る事によりシーリングと躯体との密着性が上がります。

シーリング

シーリングを打ち込んで行きます!使用しているのはノンブリードウレタンです。

特徴としては躯体と塗料との密着性が高く伸縮性もあります。

シーリングの上から塗装を行うのに適したシーリング材です。

シーリング

完成です!綺麗に仕上がっていますね。

シーリング

続いて次はドア回りや窓枠などの部分のシーリングの施工の様子です。

シーリング

こちらも外壁同様掃除を行って行きます。

シーリング

養生を行いプライマーを塗布して行きます!

シーリング

シーリングを打ち込んで行きます!外壁と違う点があるのをお気付きでしょうか?

サッシ廻りのシーリングは外壁部分のように撤去せずにそのままシーリングを打ち込んで行っているんです。

この工法を増し打ち工法と呼びます!または別名三角打ちとも言います!

撤去しない分時間も掛からず使用するシーリングの量も少なくなるのでコストカットにも繋がります!

これは一級建築士やシーリングメーカーが行っている技法です。

ただ外壁部分の様に厚みを付けれない箇所は増し打ちをしてもすぐにボロボロと剥がれ落ちてしまう為撤去して打替えないと行けません!

シーリング

シーリングの増し打ちをした完成した姿です。

以上シーリングの工程のご紹介でした。

塗装工事の様子はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912