羽曳現野市のお客様宅現現場調査で屋根・シーリングの劣化を発見

 

羽曳野市にお住いのお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来た内容を今回はご紹介します。

お客様と現地で気になる事やご要望を再度お聞きし早速調査の方に取り掛かります。

屋根は現在多くの家で見られるスレート屋根で外壁はサイディングの広い立派なお宅です。

現場調査

こちらがスレート屋根です。汚れやコケ等が目立ってきていて経年劣化で防水性が無くなって来ている状態です。

スレート屋根自体には防水性が無い為塗装を行い防水性・耐久性を付けてあげる必要があります。

現場調査

こちらはベランダです。色褪せ等があります。トップコートで美観を良くし防水保護を行います。

 

次はシーリング箇所の状態についてご紹介します。

 

現場調査

次にシーリングの状態をチェックしました。シーリングが硬くなり亀裂が無数に入っています!

このまま放置しているとシーリングの剥がれが起こり将来雨漏りを引き起こしかねない為キッチリとシーリングの撤去打替えを行う必用があります。

現場調査

シーリングは外壁箇所以外にもサッシ回りにもあります。同じく劣化している為こちらもシーリングメンテナンスが必須です。

現場調査

お隣りとの間です。これだけ隙間があれば足場は問題なく建てれます。

外壁の状態はチョーキングを行うと指に白粉が若干付着しました。壁の防水性・耐久性が弱まって来ているサインです!

現場調査

手前に見える雨樋も美観の為だけでなく耐久性を付ける為塗装を行います。

触って見ると樋はシッカリしているので塗装を行えば永く使用できる状態です。

現場調査

続いてこちらは軒部分です。直接雨風を受けない箇所の為屋根・外壁に比べれば劣化は軽度ですが、やはり傷んではきています!

その為こちらもキッチリと塗装を行います。

以上現場調査でした。

シーリング工事の様子はこちら

塗装の様子はこちら

塗装完成の様子はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912