高石市にて築13年で大きな劣化になる前に早めの外壁屋根塗装

サイディングの家

高石市にて、築13年でまだ大きな劣化は無く雨漏りもありませんが、年数的にそろそろ塗り替えをとお考えのお客様から、「どれぐらいの金額になるのか一度見積りをしてほしい」とお問い合わせをいただき、現場調査にお伺いしました。

外壁から点検スタート

外壁のチョーキング検査

まずは外壁からチェックしていきます。外壁の素材は窯業系サイディングボードです。

表面を触ると粉が付きます。これまでにも何度かご紹介してきましたチョーキング化現象という塗膜が白亜化した状態で、元の塗装が劣化し水や汚れ等を弾く力が弱まっている状態です。

築13年とやや新しいお家ですが、外壁にはやはり劣化が見られます。

 

外壁の状態

ボードの浮きや剥がれ等は見当たりませんでした。

 

 

目地のコーキングの状態

続いてコーキングの状態をチェックしていきます。

遠目からは分かりませんでしたが、近くで見るとコーキングに亀裂が入っています。

目地のコーキングの成分が抜け落ちて弾力が無くなり、サイデイングボードの伸縮についていけなくなり、このように亀裂が入ってしまいます。

コーキングの打ち替え工事が必要です。

 

サッシ廻りのコーキングの状態

窓枠廻りにもコーキングがあります。

劣化は目地ほどではありませんが、コーキングの寿命は7-10年程ですので、柔軟性はかなり失われているため、ここも打ち替えします。

 

屋根の状態のチェック

スレート屋根の状態

 

次に屋根の状態のチェックです。屋根材はスレート瓦です。

 

スレート屋根の状態

表面の塗装はかなり劣化し、色あせやカビの発生が目立ちます。

 

スレート屋根の状態

かわら自体に大きな浮きや反りは無く、塗装のメンテナンスで十分長持ちできそうです。

 

その他の箇所のチェック

 

FRP防水の状態

ベランダの床はFRP防水です。

ひび割れ等はありませんでしたので、トップコートの再塗装でメンテナンスします。

 

雨樋の状態

雨樋もまだ弾力があり、交換の必要性はありません。美観と保護を兼ねて塗装します。

 

シャッターBOXの状態

シャッターは塗装出来ませんが、上部のシャッターBOXは塗装可能です。

塗装出来ない箇所についての詳しい説明はこちら

 

 

足場設置に邪魔なカーポート

カーポートが壁に隣接していて、このままでは足場が設置できませんので、パネルを取り外す必要があります。

点検終了!

 

サイディングのお家の遠景

お家の点検完了しました!

全体的には大きな劣化は無く、標準的な工事済む状態でした。

あまりに放置しておくとサイデイングボードに浮きや反りが発生し貼り替えの必要が出てきたり、屋根の劣化が激しい場合は塗装工事では不可能な場合もありますので、お家を守る上でも余計なお金を使わない為にも、早めの塗り替え工事がお薦めです。

「まわりに遮る建物が少なく夏場がとにかく暑い」とのことでしたので、外壁・屋根共に遮熱塗料を含めたプランをコーキング工事と併せて複数ご提案させていただきました。

その中から外壁・屋根両方に遮熱シリコン塗料を選択され、工事をご依頼いただきました。

責任を持って工事させていただきます!

こちらのお家の施工事例はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912