塗料の種類は大きく分けて4種類あります。

外壁塗装は、使う塗料によって価格や耐用年数が違います。
外壁用塗料には塗膜を作る主原料となる樹脂が含まれています。
その含まれる樹脂の違いにより、大きく次の4種類に分けられます。

・アクリル
・ウレタン
・シリコン
・フッ素

価格はアクリル樹脂→ウレタン樹脂→シリコン樹脂→フッ素樹脂の順で安価→高価となります。
また、塗料には水性と油性の種類があります。

水性と油性の違い

外壁用の塗料は溶媒により、水性塗料と油性塗料に分けられます。水を混ぜて用いるのが水性塗料、シンナーなどの有機溶剤を用いているのが油性塗料です。

一般的に、水性塗料よりも油性塗料の方が耐久性は高く、光沢良く仕上がり、価格も高い傾向があります。しかし、近年、油性塗料と同じような性能を持つ水性塗料も販売されるようになりました。

耐久性を考えると、油性塗料はコストとのバランスが良いといえます。一方で、油性塗料の有機溶剤はシックハウス症候群の原因の1つと考えられており、公共の建物や化学物質に敏感な人の住居への使用にあたっては注意が必要です。

外壁用塗料の種類

各種類の特徴は次の通りです。*耐用年数は目安です。

・アクリル塗料 
耐用年数:5年〜8年
価格が手頃なことから、数年前までは幅広く使われていました。汚れやすく耐用年数が短いことから塗装頻度が高くなります。工事費をとにかく低く抑えたいなどの場合を除いて、現在ではあまり使用されていません。

・ウレタン塗料
耐用年数:7年~10年
アクリル系よりも防水性や耐久性が高く、比較的安価です。塗膜が柔らかく仕上がるので、細部の塗装に適しています。価格と耐久性、機能性を考慮すると、良い塗料といえます。

・シリコン塗料
耐用年数:7年~12年
紫外線や湿気、汚れに強く、気候・温度の変化に対しても優れた耐久性を持ちます。そのため、近年、塗替え用塗料として標準的なグレードになりつつあります。アクリル系塗料、ウレタン系塗料との比較では価格は高めになりますが、長い耐用年数を考えるとコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

・フッ素塗料
耐用年数:15年〜
他の塗料に比べ、ずば抜けて耐久性が高く、低摩擦性、不燃性などの機能にも優れています。そのため、非常に高価格です。近年、耐久性を考え使用する住宅塗装が増えてきています。

外壁塗装の際は、施工業者とよく相談して使用する塗料を選びましょう。予算はもちろん大切ですが、何年ぐらい長持ちさせたいのか、また、塗料の溶剤による健康への影響などもあわせて検討することをおすすめします。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912